ホームへ戻る


2020年の夜に口笛を吹けば


2020年1月17日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第15試合


  1. レコード
  2. ウォルト・ホイットマン
  3. 豚肩ロース
  4. 『コーヒーが冷めないうちに』
  5. 『失われた時を求めて』

 夕方、いったん店を閉めて郵便局と警察署をまわる。

 岩波文庫の 『ホイットマン自選日記 全2巻』 が売れる。
 5打数1安打。打率 2割。


2020年1月16日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第14試合


  1. 宮部さんの
  2. レコード
  3. 『戦争プロパガンダ 10の法則』
  4. 手塚治虫の 『ブッダ』

 関東在住のアランジさんから お手持ちのだるまの画像 をいただく。 大きい方が多摩だるまで、小さい方が高崎だるまだとのこと。 とうぜん細かい違いがあるらしい。
 加古さんとこの だるまちゃん はどこの生まれなのかしらね。

 市内の学習塾・月見学道主催の社会見学あり。 3人の小学生が塾の方に引率されて訪れる。
 年に1、2回小学校で行う社会見学を受け入れるがそれらとはまた一味ちがって、 ゆっくりと時間をかけて店内を見てくれる。

 宮部みゆきの時代小説が売れる。
 4打数1安打。打率 2割。


2020年1月15日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第13試合


  1. 伊坂幸太郎

 「ただ買わなくなった」 の指摘が重い。

 朝、市役所へ。
 1打数0安打。打率 1割9分5厘1毛。


2020年1月14日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第12試合


  1. 『がきデカ』 のマンガ
  2. 黒澤 明のDVD
  3. 日本の古典の現代語訳のようなの
  4. 星 新一
  5. 恩田 陸

 2回の喫茶ラルゴが急遽、臨時休業に。

 前の週に 「釧路春秋」 の最新号を読み、旧知の方が高校生のとき親友の相米慎二と8ミリ映画を作っていたことを知った。

 その方Kさんがみえたので、当時の話を根掘り葉掘り聞く。 知り合って10数年になるが、これまで素面のときも酔っぱらったときも下らない話しかしてこなかったので驚くことしきり。 もちろんKさんは私のアホさに合わせてくれていたのである。 なんで隠していたんですかと前のめりになるが、あちらにしてみれば 「知らんがな」 であろう。

 山本悦也さんがお書きになった 「釧路春秋」 の一文は、 題名に 「相米慎二映画監督 釧路で過ごした少年時代」 とあるように高校時代までしか触れていないが、 実はKさんは高校卒業後も相米さんと付き合いがあって、語られざる話がまだまだたくさんあるようだ。

 遺作の 『風花』 には昔作った8ミリ映画とそっくりな場面があるという。 「ずっとこういうのをやりたかったんだなァ」 とKさん。

 後で気づいたが相米監督は1月13日生まれだった。
 5打数0安打。打率 2割。


2020年1月13日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第11試合


  1. 北海道教職員組合の労働運動史
  2. レコード
  3. 前、外に3冊くらいあった 『ゴヤ』 (堀田善衛)

 成人の日。

 本店在庫の 『北教組史 第二集』 をこちらに移すことになる。 お客さん、翌日再来店してお求めになるという。
 3打数1安打。打率 2割2分8厘5毛。


2020年1月12日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第10試合


  1. 近松門左衛門 『曽根崎心中』
  2. 白鳥由栄に関する本

 富岡多恵子・訳の 『少年少女古典文学館 18 近松名作集』 が売れる。 『曽根崎心中』 は未収録だが、安打にしたっていいじゃないか。
 2打数1安打。10試合を終えて、32打数7安打。打率 2割1分8厘7毛。


2020年1月11日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第9試合


  1. 藤田の
  2. 絵本
  3. 田辺むつみ 『まつり囃子』

 午後、日差しが陰り出し予報どおり小雪が舞いはじめた。 少し降っては止みがつづき、夜になると街が濃霧に覆われた。 冬の霧はめずらしい。
 3打数0安打。打率 2割。


2020年1月10日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第8試合


  1. オーウェル 『一九八四年』
  2. 『華氏451度』
  3. 般若心経
  4. 歎異抄

 納品の後、お見舞いをして官公庁をまわる。 午前11時半より開店。

 ハヤカワ文庫の 『一九八四年』 が売れる。
 4打数1安打。打率 2割2分2厘2毛。


2020年1月9日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第7試合


  1. 『極道一番搾り』
  2. 檀 一雄がお料理について書いた本
  3. 詩集
  4. 砂澤ビッキ

 手芸の本がまとまって入荷したので置き場所を変える。
 4打数0安打。打率 2割1分7厘3毛。


2020年1月8日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第6試合


  1. 俳句や短歌の本
  2. 映画のDVD (『山猫』)
  3. 緒方貞子さんの本

 全道的に極端に雪が少ない冬だと北海道新聞に記事が出る。 このままだと農業への影響も必至。

 地元文芸誌 「釧路春秋」 の最新83号が入荷したので目を通す。 山本悦也さんの研究 「相米慎二映画監督 釧路で過ごした少年時代」 を読んでびっくり。 高校時代の相米と8ミリ映画を作っていたのが旧知の方だった。

 岩波文庫の 『与謝野晶子歌集』 など詩歌の本が3冊売れる。
 3打数1安打。打率 2割6分3厘1毛。


2020年1月7日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第5試合


  1. マックス・フライシャーの本
  2. 『夫のトリセツ』
  3. 工芸の本
  4. 「墨」 の子年を特集した号
  5. 国語辞典

 第92回日本学生氷上競技選手権大会 の最終日だった。
 5打数0安打。打率 2割5分。


2020年1月6日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第4試合


  1. ネットに載ってる高橋克彦の 『浮世絵鑑賞事典』
  2. 英和か和英の辞典

 前日のホームページ登録品をご覧になった常連さんから1の指名を受ける。 別の方の2の要望にもお応えできる。
 2打数2安打。打率 3割6分3厘6毛。


2020年1月5日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第3試合


  1. 今年の家計簿
  2. レコード
  3. 判子

 ご近所の佐藤紙店が年始の休みのせいか、カレンダーや家計簿を何度も訊かれる古本屋でござる。 お客さんもそれらがうちの店にないのをうすうす分かっているみたい。
 3打数0安打。打率 2割2分2厘2毛。


2020年1月4日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第2試合


  1. 夏目漱石
  2. カレンダー
  3. カレンダー、日めくり
  4. ギターのコードブック

 2階の喫茶ラルゴの営業がはじまり、店がにぎやかになった。

 角川文庫の漱石が売れる。
 4打数1安打。打率 3割3分3厘3毛。


2020年1月3日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第1試合


  1. パズル
  2. 釧路の藤田たみえさんの本

 2020年最初に読み終えた本は、長谷川康夫が稀代の劇作家とのかかわりを振り返った青春の書 『つかこうへい正伝 1968-1982』 (新潮社)。 2番目は、和田 誠が自身の 『麻雀放浪記』 製作の過程をつぶさに書き留めた 『新人監督日記』 (角川書店)。

 たまたまつづけて読んだにすぎないが、どちらも俳優の加藤健一が欠かせない人物として登場する (大山金五郎とか女衒の達とか)。 あと角川春樹の存在も重要。 そういえば、つかこうへいの著作の多くは和田 誠の装丁だった。

 年末年始の3連休が終わり、冷えこんだ店に戻ってくる。
 帰省中の中ポンが数年ぶりに顔を見せてくれた。 学生時代の後輩なのだが、相変わらず敬語とタメ口が絶妙に入り混じるこれまでどおりの中ポンだった。 その変わらぬ自然体がうれしい。 どうかそのままでいて。

 2のリクエスト、詩人の藤田民子さんか、歌人の藤田幸江さんか迷う。 民子さんの 『詩集 蝉の夢の上澄みを踏んで』 が 「この方のです」 ともらわれていく。
 2打数1安打。打率 5割。


 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新されている。




2019年の夜に口笛を吹けば

2018年の夜に口笛を吹けば

2017年の夜に口笛を吹けば

2016年の夜に口笛を吹けば

2015年の夜に口笛を吹けば

2014年の夜に口笛を吹けば

2013年の夜に口笛を吹けば

2012年の夜に口笛を吹けば

2011年の夜に口笛を吹けば

2010年の夜に口笛を吹けば

2009年の夜に口笛を吹けば

2008年の夜に口笛を吹けば

2007年の夜に口笛を吹けば

2006年の夜に口笛を吹けば

2005年の夜に口笛を吹けば


ホームへ戻る