ホームへ戻る


2019年の夜に口笛を吹けば


2019年9月14日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第252試合


  1. 芥川龍之介
  2. 窪島誠一郎
  3. レコード

 釧路大漁どんぱく花火大会 の2日目。
 夜7時すぎ、おもてに出て花火見物をする。 といっても高い建物に阻まれて店前から直接打上げ花火を見ることはできない。 斜め向かいの釧路信組の壁一面の窓ガラスに間接的に映った歪んだ花火に 「たまや〜」
 今年も三尺玉の度を越した爆裂音に飛び上がる。

 ほるぷの復刻版 『羅生門』 が売れる。
 3打数1安打。打率 2割5分4厘2毛。


2019年9月13日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第251試合


  1. 前川康男 『奇跡クラブ』 の初刊本
  2. 帚木蓬生 『受精』
  3. ミステリー
  4. 庄野潤三 『クロッカスの花』
  5. 武者小路実篤の詩集
  6. ルイ・イカールの画集

 春湖台のほうから、矢文で  『尺別駅と直別駅』 ブックレット刊行とミニコーナー展示の告知  あり。 9/15よりお披露目とのこと。

 3、6が売れる。
 6打数2安打。打率 2割5分4厘0毛。


2019年9月12日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第250試合


  1. 景中のアルバム
  2. 土地と建物の契約の用紙

 ミュージアム キャラクター アワード 2019 の最終日である。 余裕こいて夕方、「はっくん、生まれ変わっても一緒になろうね」 のコメントとともに私の濁った1票を投じようとしたら、 すでに締め切られていた。
 今年のはっくんってば 大躍進 である。

 新規入荷欄に載せた釧路市立景雲中学校開の卒業アルバムに指名が入る。
 2打数1安打。250試合を終えて、1041打数264安打。打率 2割5分3厘6毛。

 釧路大漁どんぱく花火大会 の前夜祭で、すえひろはしご酒大会が開かれるが、まっすぐ帰る。


2019年9月11日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第249試合


  1. ピアノの譜面 (安全地帯の曲)
  2. 『別冊歴史読本 第12巻第2号 徳川十五代将軍実記』
  3. 「新しいの、じゃなかった古いの何か入りましたか」
  4. レコード
  5. CD

 2階の喫茶ラルゴで 「水彩画ひまわり会 グループ展」 がはじまる (25日まで)。

 納品と見舞いと散髪。 午前11時半から開店する。

 ホームページの目録をご覧になった方から電話で2の問い合わせあり。 本店在庫なのであちらで探して発送することになる。

 新しく入荷した古い絵本が売れて、3をクリア。
 前日、電話で問い合わせがあった旺文社文庫版の朔太郎詩集がもらわれていく。
 5打数3安打 (内1安打 9/10分)。打率 2割5分3厘1毛。


2019年9月10日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第248試合


  1. 萩原朔太郎の詩集
  2. 文庫の太宰治 (「グッド・バイ」)
  3. 釧路の民謡を集めたCD
  4. 釧路の民謡を集めたテープ
  5. 松浦武四郎のことを書いた更科源蔵さんの2010年に出た本
  6. この前来たときにあった外交官の松岡洋右の本 (荷物になるので買わなかったやつ)
  7. 釣り系の
  8. 宮城谷さんの文庫

 先週から好天がつづく。
 店内で私と駄弁っていた毎日さん (♂) が蚊にたかられる。 たかられた当人の見立ては 「この蚊、メスだべ」

 6の 「この前来たときにあった外交官の松岡洋右の本」、少し前に売れてしまっていた。
 8打数0安打。打率 2割5分1厘4毛。


2019年9月8日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第247試合


  1. 藤原正彦
  2. 斎藤 学 『封印された叫び』 講談社
  3. そばの本
  4. 村上春樹

 「夏の終りのスター・デストロイヤー」

 強い西日を浴びて、掲示してある杉本一文画伯の横溝正史ポスターが褪色しそう。 奥のほうに移す。
 4打数0安打。打率 2割5分3厘4毛。

 2日つづけてラルゴ・ライブ開催。
 この日の晩は 「スラ酔い三人衆 北上の巻」 の 釧路公演 である。 スラ酔いとは奄美の言葉で 「そりゃ良い」 の意。 スラ酔い大臣こと 村重光敏、 スラ酔い姫こと 鈴木亜紀、 スラ酔い大王こと 盛島貴男 のお三方によるトリオだ。

 大臣、姫、大王の順でそれぞれのソロパートがつづき、全員の共演はおしまいにちょっとだけ。 なんともったいない。 オデはもっと3人の絡みを聴きたかったぞ。 というのは、ないものねだりなのだろうかなどと考えながら、終演後に盛島さんのCDを買い求める。


2019年9月8日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第246試合


  1. ミステリー
  2. ピンク・レディーのレコード

 日明 恩の文庫本が売れる。
 2打数1安打。打率 2割5分4厘4毛。

 夜、2階のラルゴで ウルフルケイスケ ・ライブ 釧路公演 が開かれる。 この日のハイライトはミュージシャン稼業をうたった真情あふるる一曲。
 初お披露目の リクオ さんから2か月半が経ち、 その間6つのライブで封印され一部聴衆をやきもきさせてきたミラーボールがついに廻る。

 レコードの取り扱いを止めたので 去年のように ピンク・レディーのリクエストにはお応えできず。


2019年9月7日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第245試合


  1. 阿川佐和子さんのエッセイ集
  2. 宗教のコーナー
  3. 『サザエさん』
  4. 「北海道文学全集」 の第11巻 アイヌ民族の魂
  5. ベンチャーズの

 頬っぺたが小さく腫れる。 痒い。 店内で蚊にさされたようだ。 ありえない。

 夜9時開演、 大人×2 (おとなのじじょう) の新作芝居 「ロスト・イング・リード」 を鑑賞する。 遅い時間の回があるおかげで余裕をもって出かけられる。 やっぱり長編はいいなァ。

 毎回会場が変わる 「流浪の劇団」 である。 今回は北大通店に近い老舗のボウリング場 パレスボウル の2階空きスペースだった。 上演中もボウリングのゲームのにぎやかな音がひっきりなしに聞こえるが、それもまた程よい活気となり気にならない。
 5打数0安打。打率 2割5分3厘9毛。


2019年9月6日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第244試合


  1. 西村古徳 『健康の極意』
  2. 詩の本
  3. 鶴 彬
  4. さっき店の中で見てどこだったかわからなくなっちゃたんだけど 『ぼくもいくさに征くのだけれど』

 北海道新聞朝刊で新しい連載小説がはじまる。 平野啓一郎の 『本心』。

 昨夜の 「アメトーーク!」 がこち亀芸人の回だった。 外の均一棚に長いこと置いてある 「こち亀」 の束から夜になって5冊売れる。 テレビをご覧になったのですかとお客さんに尋ねたが特に関係なかった。

 「現代詩手帖」 の1969年5月号が売れる。
 お客さんが店内で見失ってしまった 『ぼくもいくさに征くのだけれど』 の単行本も売れる。
 4打数2安打。打率 2割5分5厘1毛。


2019年9月5日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第243試合


  1. 「リンネル」 の雑誌
  2. 茶道の本
  3. 『札幌オリンピック』 のパンフレット
  4. 6月に来たときにあった加藤典洋さんの 『アメリカの影』

 北海道新聞朝刊で11か月にわたりつづいた中村文則の連載小説 『逃亡者』 が終わる。 現実の社会の動きを取り入れた箇所がありおもしろく読んだ。

 開店前の北大通店に一番乗りした園芸大臣が、玄関の引き戸の片方が全開になっているのを見つけた。 そう、文字どおり全開に。
 どうやら喫茶部長が前夜に鍵を締め忘れたらしい。 加えて、朝早く訪ねてきた見ず知らずの誰かが扉を開けっ放しにしたまま立ち去ったのが重なったのだろう。

 一見盗られたものはなさそうだが気味が悪い。 一撃必殺のつもりで棍棒片手に上階を点検する。 異常なし。 2階のラルゴの冷蔵庫から食材 ( マンガ肉 など) が消えているということもなかった。

 Googleストリートビューから、貴店で屋内用360度撮影はいかがですかと提案の電話あり。 ネット上で本棚をチェックされてハイ終了となるのなら、古本屋にとってはマイナスの効果しかないような。 お断りする。

 「裏千家茶道教科」 シリーズより3冊売れる。
 4の 『アメリカの影』 がまだ売れ残っていてお求めいただく。
 4打数2安打。打率 2割5分4厘2毛。


2019年9月4日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第242試合


  1. 映画のあらすじがたくさん載っているような本
  2. 加山又造さんの画集

 先日当店でブラッドベリの 『華氏451度』 (ハヤカワ文庫NV) をお求めになった橋井由高さん。 長距離旅行の車中のお供に持っていったはいいが、乱丁と落丁のダブルパンチで読み通すことができなかったという。 読むものがなくなり無聊をかこつ羽目に。
 現物を見せてもらったが確かにこりゃひどい。 見落として売りつけた私もまたひどい。 お詫びとして返金する。

 橋井さんの読書話はまだつづく。
 現在、横溝正史の 『病院坂の首縊りの家』 (角川文庫) を再読中。 今回はいっちょ丁寧に読んでやろうと家系図を書き出したら、本文20ページ目であっさりと目的の図面が出てきてずっこけたとか。
 2打数0安打。打率 2割5分3厘2毛。


2019年9月3日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第241試合


  1. 新刊 (今年5月に出た佐伯さんの)
  2. 『釧路市史』
  3. 中国語の本
  4. あれから入ってますか (プロレスの本)
  5. 今までに読んで一番よかった本っていうかこれ読んだ方がいいっていう本
  6. 岩波新書の 「日本古代史」 の3、4巻
  7. 金子郁容さんの本
  8. 最近出た新刊で岡崎なんちゃらって人のアメリカなんとかっていう本
  9. 自然、動物の本

 午前中、納品。 その後、本店で本探しをしてから北大通店を開ける。

 「今までに読んで一番よかった本」 なんて、そう簡単に教えられないな (いじわる)。 5のリクエストは単におすすめの本と解釈して、講談社学術文庫の 『俳句 四合目からの出発』 を選ぶ。

 外国の方に上原重男 『カラー版 自然と科学 17 チンパンジーの世界』 など自然の本が売れる。
 9打数2安打。打率 2割5分3厘7毛。


2019年9月2日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第240試合


  1. 細井宗一 『労働組合幹部論』
  2. 『十勝の森林鉄道』
  3. 美術の棚にあるガスタン・ピコン 『素晴しき時の震え』

 「「ブラタモリ」 で紹介できない京都を歩く 京大・高木博志教授の 「ブラタカギ」、裏歴史に目背けず」

 JRの 「大人の休日倶楽部パス」 を使って、福島から列車で10時間かけて釧路にたどりついたという方がおみえになる。 未整理の 「スクリーン」 誌の山に目を留められ、そこから映画話に。 ドキュメンタリーの話題になり私物の 『小川紳介 映画を穫る』 を引っ張り出すと、お客さんが 「私も同じの持ってます」。 よい本ですよねと意気投合する。
 儂も山形国際ドキュメンタリー映画祭に行きたいな。

 『十勝の森林鉄道』 が売れる。
 常連さんから電話があり、3がおとりおきになる。
 3打数2安打。240試合を終えて、996打数253安打。打率 2割5分4厘0毛。


2019年9月1日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第239試合


  1. レコード
  2. コミック (チャンピオンでやってる 『チキン』)
  3. シクロツーリズムの本?
  4. 日本のファッションの本
  5. 日本のイラストレーションの本
  6. 日本のフェティッシュの本
  7. 日本の写真雑誌

 快晴。

 外国の方にレコードを訊かれる。 北大通店から外してしまったレコードだが、白金町の本店には置いてある。 その本店は現在休業中だが、日曜日に限って喫茶部長が開けている。 お客さんに店の地図を差し上げる。
 向こうで気に入った品が見つかったみたい。 少しして、本店に行ってきたよ〜とこちらに戻ってこられた。

 別の外国人のお客さんに4〜7まで訊かれる。 1980年に出た小学館の 「写楽」 などが売れて、7をクリア。
 7打数2安打。打率 2割5分2厘7毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2019年8月31日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第238試合


  1. 毛綱毅曠
  2. 太田蘭三

 今週はずっとぐずついた天気がつづく。

 「SNSの時代に本を書くということ…新書 「ヒトラーの時代」 に思う」 を読み居たたまれない気持ちになる。

 映画の先生にこの話をすると、池内さんに畑違いのナチスの原稿を頼む方が悪いと返ってくる。 然り。 誰もがオールラウンドプレイヤーではないのだ。 そのことはわかっているのだけれど。

 その後、9月4日に 池内 紀 逝去の報 が新聞に載る。 亡くなったのは8月30日というから、この日映画の先生と話をしたときはすでにこの世のひとではなかった。 訳書を読んで偲ぶよすがにしたい。

 若島 正の一文 に池内さんの名前が出てくる。

 2が売れる。
 2打数1安打。打率 2割5分2厘5毛。


2019年8月30日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第237試合


  1. A・J・クィネルの本
  2. 佐伯泰英さん
  3. 石平さん

 書道の先生に、釧路市民球場の 日本ハム戦の垂れ幕写真 をいただく。 どこの製作か不明だが2連戦のために立派なものを作ったのだなァ。 ありがたくレジカウンターの後ろに掲示する (そして釧路での連敗を皮切りにこの夏2回目となるハムの大型連敗がはじまり Aクラス入りへの望みは完全に息の根をとめられるのであった)。
 3打数0安打。打率 2割5分2厘0毛。


2019年8月29日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第236試合


  1. 日本経済新聞社の 『天馬の歌』
  2. レヴィ=ストロース 『野生の思考』
  3. 河上徹太郎
  4. 詰将棋の本

 数年前、「キネ旬」 連載で途切れ途切れに読んでいた 『加藤武 芝居語り 因果と丈夫なこの身体』 がようやく単行本になった。 1冊にまとまるのを待っていたのです。

 とにかく滅法陽性の語り口の愉しいことといったら。 大ベテランなのに偉ぶらない謙虚さと、出来事の細部をおろそかにしない記憶力の確かさが、 語りの風通しのよさを裏打ちしている。 ますます好きな俳優になった。

 河上徹太郎 『異端と正統』 が売れる。
 4打数1安打。打率 2割5分2厘8毛。


2019年8月28日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第235試合


  1. 考古学の本
  2. 絵本
  3. 昔のシネマのDVD

 日曜日に行われたイベント列車 『十勝晴号』 の  運行動画がYou Tube にあがっている
 当日参加できなかった人が見たかったであろうカットがすべて盛り込まれた優れものではないか。 当店の常連さんもしっかり映っていた。

 日本ハム対西武ライオンズの釧路での2戦目。 当地で公式戦の2連戦はなんと27年ぶりなのだとか。
 店でラジオの生中継をかけていたが、 8回途中で日本ハムがコールド負け。 その理由が日没のためという。 ぎゃん!
 3打数0安打。打率 2割5分2厘8毛。


2019年8月27日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第234試合


  1. 推理小説
  2. 鉄道に関する資料
  3. 去年くらいからホームページに載っている 『悪霊の館』
  4. シューベルトの 「鱒」 のCD
  5. なだいなだ
  6. 「とんぼの本」
  7. ことわざの本
  8. 中古レコード

 釧路市民球場でプロ野球パ・リーグ公式戦、 日本ハム対西武ライオンズ戦 が開かれる。

 えのきど いちろうさんは釧路ゆかりの人 なんですね。 すっかり忘れていた。 つーか、柏木小学校の先輩じゃん。

 クレインズとの関わり のことも知りませんでした。

 西村京太郎の文庫3冊が売れて、1をクリア。 その後も、須永朝彦 『悪霊の館』、なだいなだ 『神、この人間的なもの』、 新潮社とんぼの本 『たけしの大英博物館見聞録』 と安打がつづく。
 8打数4安打。打率 2割5分3厘5毛。


2019年8月26日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第233試合


  1. 『男はつらいよ』 のシナリオ集
  2. 聖書 (コンパクトなやつ)
  3. 国語辞典
  4. 三浦綾子の 『氷点』 の単行本
  5. 整体協会の本、野口晴哉
  6. 文庫サイズで江戸時代の旅のことが書いてある本
  7. 富原小学校の記念誌
  8. レコード
  9. 鶴公園の高橋良治さんの本

 集英社の 「すばる」 8月号 の奥泉 光と加藤陽子の対談 「戦争体験を “経験化” する語り」 を読みながら、 謝ったら死んじゃう病をこじらせた現代日本の見苦しい一群を思う。 俺はあんな風になりたくない。

 立風寅さん文庫の 『男はつらいよ』 8冊セットに買い手がつく。 お客さんは自転車で旅行中の方、関東の自宅までレターパックプラスで送ることに。

 他に 『鶴になったおじさんの動物記』 が売れる。
 9打数2安打。打率 2割5分1厘5毛。


2019年8月25日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第232試合


  1. 速水御舟
  2. 時代小説

 「冨田健太郎 斜めから見た海外出版トピックス 第25回 アマゾンの “無法地帯”」

 午前中、開店を遅らせて 釧路市立博物館釧路市立美術館 をはしごする。
 博物館で プレゼント用のはっくんグッズを追加購入し、 美術館では 特別展 「138億光年 宇宙の旅」 を鑑賞。

 後者の途方もない壮大さに接し、なんてくだらないことにかまけているのだ人類は!とついつい主語がでかくなる。
 2打数0安打。打率 2割5分1厘8毛。

 夜、2階の喫茶ラルゴで 「 桂歌蔵 落語会」 の 釧路公演 が開かれる。 今年で3年目。 会がつづくうちに演者と観客、双方の距離が縮まってよりくつろいだ場ができていく実感がある。

 歌蔵さんは 小説家としての顔もお持ちだ。 その新著の小説2冊、どちらを買おうか迷って 『よたんぼう』 を選ぶ。 装丁のよさが決め手。


2019年8月24日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第231試合


  1. 津本 陽 『宮本武蔵』
  2. 石川孝織 『釧路炭田 炭鉱と鉄路と』
  3. PhotoshopのCS6の本

 『火口のふたり』 のキャストとスタッフのインタビュー、「東京裁判 4Kデジタルリマスター版を問う」、 「黒澤 満の映画史 2」 など、 「映画芸術」 の最新号 はいつにもまして好企画が並んでいる。

 黒澤 満ゆかりの脚本家が集まった座談会で、 黒澤や山口 剛らが早川のポケミスと創元推理文庫をズラッと揃えていたという証言が出てくる。 海外ミステリが一種の教養科目の役割を果たしていた時代に思いを馳せる。
 映画 『いつか読書する日』 の田中裕子の書棚がポケミスで埋めつくされていたことをあわせて思い出す。

 発刊当時、当店でも新刊書を扱っていた 『釧路炭田 炭鉱と鉄路と』 だが、今は在庫なし。 お客さんには、 博物館に在庫があるはずです と教える。
 3打数0安打。打率 2割5分2厘3毛。

 悪天候で昨晩のギターパンダさんのライブを欠席したマグネット先生がお出でになる。
 パンダさんのもう一つの顔 水玉ロックスターのカルピスフレスリー にちなんで、 パンダの被り物をするプレスリー人形 を見せてくれた。 パンダの頭がマグネット先生の自作である。


2019年8月23日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第230試合


  1. 講談社の 『北海道の高山植物と山草』
  2. それ以外の似たような本

 東 雅夫・編 『平成怪奇小説傑作集 1』 (創元推理文庫) を読みはじめた。 これはよいアンソロジー。 小池真理子の 「よいしょ、よいしょ」 にぞわ〜。 皆川博子もすばらしい。

 タイミングよくこんな記事を見つけた。 怪談の背景に見てとれる社会の変化について。

 「なぜ 「事故物件話」 が流行るのか……「心霊スポットにドライブ」 が流行らない時代の 「怖い話学」」

 2打数0安打。230試合を終えて、952打数241安打。打率 2割5分3厘1毛。

 夜、2階の喫茶ラルゴで ギターパンダ ライブ 釧路公演。 「引き潮」 はやっぱり名曲である

 唸っていたら打上げの席でのりおさん (a.k.a.ギターパンダ) に、 みうらじゅん命名するところの 「不本意フォト」 を撮られ Facebook に晒される。 私だけでなく、喫茶部長とフラカンさんも餌食になった。


2019年8月22日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第229試合


  1. 学習参考書の類い

 店のパソコンを新しくする。 Windows7から、ようやくWindows10へ。

 書道の先生に 「カンブリア宮殿」 で紹介されたばかりの帯広の 満寿屋商店 の美味しいあんぱんを分けてもらう。 釧路まで移動販売に来ているのですね。

 毎日さんが 「BRUTUS特別編集 合本 危険な読書」 付録の 『全裸監督』 冊子を貸してくれる。 や、貸してくださいと頼んだわけではないのに押し付けられる。 ま、やぶさかではない。

 後で読もうと未整理本の山に隠すように仕舞っていたら、 出張中だという初来店のお客さんが 「これ見せてもらってもいいですか」 とひょいと摘まみだす。
 聞けば、そのお客さんは Netflix 未加入だという。 毎日さんも私も以下同文。 3人とも肝心の作品を見られないのに興味津々だ。

 札幌の岩本誠二さんから幌呂郵便局 (鶴居村) の風景印はがきが時間差トリックで届く。 時間差というのは、岩村さんの道東旅行が3週間前の出来事だから。 郵便局に遅らせて届くよう頼んだことになる。
 1打数0安打。打率 2割5分3厘6毛。


2019年8月21日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第228試合


  1. 乃南アサ
  2. 石の本 (鉱物)
  3. 昨日ここにあった箱の本
  4. 剣道の本
  5. 小熊秀雄の全集

 『ウッシーとの日々』 の漫画家、はた万次郎さんは釧路出身だった。 お客さんに教えてもらう。

 3の 「昨日ここにあった箱の本」 というのは、100円均一箱の本のこと。 前日は天気が悪く箱ごと店内に置いていたが、天気が回復したこの日は外に出していた。 お客さん、お目当ての本を見つけたみたい。
 5打数1安打。打率 2割5分3厘9毛。


2019年8月20日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第227試合


  1. 本店で聞いた太平洋炭鉱で働いていた人の本
  2. この間の氷室冴子のやつ (『なぎさボーイ』 の方)
  3. 古市憲寿
  4. 千早 茜
  5. 奈良少年刑務所の本
  6. 寮 美千子 『空が青いから白をえらんだのです 奈良少年刑務所詩集』
  7. 寮 美千子 『あふれでたのはやさしさだった 奈良少年刑務所絵本と詩の教室』

 「なぜ男性誌 『GQ』 は家族を特集したのか。 編集長、憲法改正草案を語る。」

 前々週の釧路公演の後も 劇団どくんご のテント芝居を追っかけていた常連さんがお見えになる。 当麻と岩見沢の両公演のお話をスマホの画像付きでたっぷりと聞かせてもらう。 いいないいな。

 一昨日の本店のお客さん、こっちにも顔を出してくれた。 岡崎正之 『長いトンネルの道 炭礦生活の記録  釧路新書』、岡田利春 『嵐は強い樹をつくる』 の2冊をお求めに。 岡田利春は太平洋炭鉱労働組合委員長を務めた、かつての釧路選出の社会党の衆議院議員。

 2ヵ月半前に訊かれた氷室冴子のお客さん、再訪してあのときの本まだありますか、と。 集英社コバルト・シリーズの 『なぎさボーイ』 がもらわれていく。 ひと粒で2度おいしいとアーモンドグリコのCMはいうけれど、これも1冊で2安打稼いだことにしよう。

 2週間前に訊かれて本店在庫を移していた竹内靖雄の著書が2冊売れる。
 7打数4安打 (内2安打 6/3、8/7分)。打率 2割5分4厘2毛。


2019年8月19日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第226試合


  1. 委任状の用紙
  2. 前に見かけた和田誠と息子の唱の対談本
  3. 渡辺昇一 『知的生活の方法』
  4. 北前船の本
  5. レコード
  6. 台本

 夜の北大通で くしろ市民北海盆踊り がはじまり、やがて騒々しさが消え、演者と観衆が三々五々帰っていく。 それはもう見事なくらいにいつもの閑散とした北大通へとほどけていった。
 花壇に水撒きをしていると、通りがかりの年配の方に声をかけられる。

 「京都から来たんやけど、この辺にショッピングセンターはないかい。 寒うて肌着を買いたいんや」
 京都弁の再現に自信がないので各自で脳内補正をしてください。

 江差町教育委員会・編集 『北前船 日本海文化と江差』 が売れる。
 6打数1安打。打率 2割5分1厘8毛。


2019年8月18日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第225試合


  1. Tarot Card
  2. 『アト°イ 俺は魂をデザインする』
  3. 前に棚でみかけた太平洋炭礦の職員が書いた本
  4. 竹老園の人が書いた本
  5. そばの本

 2月から休業中の本店だが、喫茶部長が日曜日だけは開けるようにした。 よってこの日は営業中。
 『アト°イ 俺は魂をデザインする』 は、その本店に在庫があり、お客さんに教える。 後で喫茶部長から売れたよと報告が入る。

 3は本店の喫茶部長からの電話での問い合わせ。 お客さんに訊かれたものだが、どの本を指しているのかわからない。 釧路新書の 『長いトンネルの道』 であれば、北大通店に在庫がある。 そう伝えたが、この日はお客さんは姿を見せなかった。

 渡辺克己 『北のそば屋さん 正・続』 が売れる。
 5打数2安打。打率 2割5分2厘4毛。


2019年8月17日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第224試合


  1. 遠藤周作 (ユーモアエッセイ)
  2. 『エルメスの手』
  3. 『絹の家』 (渡辺美佐子のドラマ)
  4. 橋田壽賀子 『女の生き方』
  5. なかにし礼 『赤い月』
  6. 山田太一
  7. 相場英雄 『震える牛』
  8. 宇宙とか地球が出来るのとかそういうのが書いてある本
  9. モーパッサン 『女の一生』
  10. 武田家が四国に渡った伝説を書いてある本
  11. エッチな本
  12. 漢字のくずし字の読み方が載っている本
  13. サリンジャー 『ライ麦畑でつかまえて』
  14. レコード
  15. ルーベツ?というグループのシングル盤で
  16. 僕に合いそうな本を選んでください

 「僕に合いそうな本を選んでください」 と初対面の人にいきなり言われたって、 酒に酔っているらしいことを考慮しても一寸芝居がかりすぎている。 尋ねたのはモデルのように整った顔立ちの人だった。 「お兄さんの好みに任せます」 とつづけられ、ならばこちらの好みとやらを押し通すことにしよう。 またしてもポケミス版のロスマク 『さむけ』 を選んでしまった。 これで何人目なんだ。 んでもって、うちの店には 『さむけ』 が何冊あるんだよ。

 お客さん、会計を済ませた後で某大手出版社の編集者だと素性を明かした。

 他に、遠藤周作 『ボクは好奇心のかたまり』、官能小説の文庫本4冊、古文書の本2冊、サリンジャーが売れる。

 前夜休止になった 釧路新聞社 主催の 釧新花火大会 は、この日に延びる。 遠くの方から花火が揚がる音が聞こえ耳をすます。
 16打数5安打。打率 2割5分1厘6毛。


2019年8月16日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第223試合


  1. 子どもの本
  2. レコード
  3. 『明鏡辞典』

 悪天候の中、 港文館 で開かれているアサノユウスケ サクヒンテンへ。 写真とイラストと立体と。

 港文館の喫茶コーナーでコーヒーを頼む。 しばしゆったりとした時間をもつ。 持参した 「映画芸術」 の最新号を開くと、 渡邊孝好が 『居酒屋ゆうれい』 を監督したときの主演の萩原健一のことを書いていた。

 「繊細で真正直な役者、俳優。 何をするのか予期できない萩原氏は昂ぶった自分の気持ちをコントロールできないし、コントロールしない。 萩原氏の爆発は、自身のわがままではなく、苛立ちだ。 作品に対するまっすぐで強い思いが形を変えて監督やスタッフに向かってくる。 しかし、出会って、仕事して、鍛えられた自分がいることに後になって気付くことがある

 面倒くさくて純粋で誤解されやすくて傷つきやすい。 この稀有な俳優の肖像をひと刷毛で鮮やかに描いた追悼文だった。

 『居酒屋ゆうれい』 で主役の男女がはじめて出会う場面が、 ショーケンの 「全然、ドキッとしねえんだよな。こんなんじゃ、俺は惚れないね」 をきっかけにどんどん現場で肉付けされていく。 素っ気ないシナリオの記述が、生きた人間が動きまわる豊かな具体へと生まれ変わる。 これぞ俳優の仕事だと尊敬の念がわく。

 昔、頻繁に来ていた常連のSさんを思い出した。 あの人も、正直者で口が悪くて、しょっちゅうあちこちでもめ事を引き起こしていた。 や、ショーケンの恰好よさは微塵もなかったけれど、うちの店でもよく騒がれたっけ。 本人も己の気質を制御できずに苦しんでいたように思う。
 北大通店ではじめて出会った気のおけないお客さんだった。 いなくなって随分経つが今もしきりに脳裏に浮かぶ。
 3打数0安打。打率 2割5分0厘5毛。


2019年8月15日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第222試合


  1. 村上春樹 (『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』 の単行本)
  2. 血が滾ってくる小説
  3. こんなような和紙で出来てる本
  4. 鉄道の本
  5. このリストのマーカー線を引いてある本

 マグネット先生から 「血が滾ってくる小説」 のリクエストを受ける。 これで2回目。 前回は船戸与一などをすすめたが、今回はどうしよう。

 店に在庫があり、値段は手に取りやすく、もちろん私が読了済みでなければならない。 これらの縛りがなければ自由に選べるのだけれど。
 迷った末に筒井康隆の 『大いなる助走』 の文庫本にした。 血が滾らなかったらごめんなさいだ。

 5のお客さんは道北にお住まいの方。 当店サイトの郷土誌のページをわざわざ印刷してお持ちくださった。 何点ものご所望の本にマーカー線が引いてある。 北大通店の在庫はすぐに見つかった。

 問題は長期休業している本店の在庫だ。
 夏休み休暇中の2階の喫茶ラルゴに、たまたま喫茶部長が来ていた。 聞けばこれから本店の片付けに行くという。 渡りに船。 お客さんといっしょに向こうで在庫を探してくれるように頼んだ。

 夜10時すぎに体が空き、私も本店へ向かった。 喫茶部長は店内の片付けと並行してまだ本探しをつづけていた。 お客さんはすでにお帰りになった後で、リストの内いくつかの本が見つからず郵送することになったという。

 喫茶部長と2人で店内をくまなく探索してみたものの、これが見つからないのなんのって。 楽勝のつもりが当てがはずれた。 それから1時間半かけてようやく全点をそろえたが、その内2点はダブリ品でお茶を濁す羽目になった。
 オリジナル品の行方は、誰も知らない。
 5打数2安打。打率 2割5分1厘3毛。


2019年8月14日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第221試合


  1. 薬草の本
  2. 数独の本

 納品とお見舞い。 午前11時半より店を開ける。

 『北海道薬用植物図彙 覆刻版』 が売れる。
 2打数1安打。打率 2割5分0厘5毛。


2019年8月13日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第220試合


  1. 前にそこにあった 「墨」
  2. 新聞の広告に載っていたサンマーク出版の〜
  3. レコード
  4. 絵手紙の本

 喫茶ラルゴは夏季休業中。 フラカンさんに教えてもらった NHKラジオの鉄道番組 をかけようとして、久々にNHK FMに周波数を合わせるが雑音ばかりで何も聴こえない。 だのじみにじでだのに〜。

 さて、貯めに貯めこんだ当欄を書き足そうと今ごろになって検索をかけたら (ただいま9月5日)、 NHKラジオ第一の放送だったことがわかった。
 AMの番組なら聴くことができたじゃんか。 FMでやっている 「今日は一日○○三昧」 の枠だとばかり思いこんでいた……。
 4打数0安打。220試合を終えて、900打数225安打。打率 2割5分。


2019年8月12日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第219試合


  1. レコード
  2. 手芸の本
  3. クリムト
  4. 何か新しいの
  5. 「ロスト・イング・リード」 の前売券
  6. 稲垣足穂

 パッチワークの本が売れる。
 買い求めたお客さん曰く 「手芸専門の雑誌や出版社がなくなっちゃって、愛好者も高齢化してるのよ、 若い人たちが学校で習うものは手芸というよりも工作化しているし、 以前に比べるとパッチワークの本も見かけなくなっちゃった……」
 ことは手芸の分野に留まらないのではないか。

 『アール・ヌーヴォーの世界 3 クリムトとウィーン 色彩のエロティシズム』 が売れる。

 土曜日に訊かれた義経本、 本店から持ってきた 『別冊歴史読本 源義経のすべて』、『静御前伝説とその時代  悲劇の舞姫終焉の地 郡山』 が無事もらわれていく。
 6打数3安打 (内1安打 8/10分)。打率 2割5分1厘1毛。


2019年8月11日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第218試合


  1. 古い北海道の地図
  2. 建築の本
  3. 洋書
  4. 『飛ぶ教室』
  5. 久保田政子の画集
  6. 武田泰淳 『ひかりごけ』

 山の日。
 2階の喫茶部長が 休業中の本店を再開した
 北大通店から外してしまったレコードだが、本店では従来どおり扱っている。 随時、追加補充も行うようだ。
 毎週日曜日の営業。 どうぞお立ち寄りください。

 特に古い地図ではないけれど、 『都道府県別メッシュマップ 自然環境保全基礎調査用 北海道』 の1、2巻が売れる。 環境庁自然保護局計画課自然環境調査室の発行。
 6打数1安打。打率 2割4分9厘4毛。


2019年8月10日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第217試合


  1. 源 義経
  2. 原田康子

 パッケージプラザ我満で包装資材を調達してから店を開ける。
 2打数0安打。打率 2割5分。


2019年8月9日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第216試合


  1. 書道関係の本

 ここで取り上げるのがもう何度目になるのかわからないが、またしても 釧路市立博物館 のマスコット・キャラクター はっくんの話である。

 今年から8月9日が  「は (8) っく (9) んの日」 に決まった。 当日は博物館で はっくんグッズの限定品が売り出されるという。 行かいでか!

 朝から暴風雨だったが、妙な義務感にかられて開館時間の午前9時半ちょうどに入館した。 飛んで火にいる夏の虫。 入ってすぐのマンモスホールには はっくんグッズの販売ブースが設けられ、 悪天候で手持ち無沙汰の学芸員さんが何人も集結していてすぐに囲まれた。 客1人に対して、なんとアンバランスなことだろう。

 皆さんにおだてられて、グッズの購入者の第1号に。 クリアファイル、ノート、マグネット、トートバック、 缶バッジ3個が福袋のようにしてまとまって1,000円ぽっきりだなんて、お買い得だわ〜。

 開催中の企画展 「あなたとカラスのおつきあい」 ものぞく。 ハシブトカラスの特製帽子をかぶって 記念撮影する

 カラスおみくじなるものがあって、引くと 「末吉」 である。 カラスになりきった一文 ――「お腹が空いたので、貯食していたパンを食べる。 どこに埋めたか覚えてるんだな」―― が印刷されていた。
 はっくんの日を存分に味わい満足して引き上げる。 30分遅れで店を開ける。

 書道の本が売れる。
 1打数1安打。打率 2割5分0厘5毛。


2019年8月8日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第215試合


  1. 思想
  2. 北海道が1枚の地図になってるようなデカイの
  3. 青木祐子 『これは経費で落ちません』 の2巻

 港まつりが終わり、どくんごが終わり、姪っ子が帰り、釧路にしては猛暑だった日々が終わり、 かくして今年の夏はしめやかに幕を閉じた。

 小雨が降ったり止んだりの天気。 車の窓をきちんと閉めたかどうかが猛然と気になりだす。 いてもたってもいられなくなり、歩いて10分ほどの駐車場まで見に行くことにした。 窓は閉まっていた。 己の妄念に踊らされてしまった。
 事のついでに本店でホームページ注文品の本を探してから店に戻る。

 法政大学出版局 「ウニベルシタス叢書」 のシオランなどが売れる。
 3打数1安打。打率 2割4分9厘7毛。


2019年8月7日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第214試合


  1. 原田康子 『挽歌』
  2. 竹内靖雄 『正義と嫉妬の経済学』
  3. 他にこの人の本
  4. 朱肉
  5. ヨーヨー・マのCD
  6. 日本の浮世絵などのポスター
  7. 風鈴

 竹内靖雄の 『経済倫理学のすすめ』 が売れる。 同じ著者の本が休業中の本店にも数冊あるので、こちらに移して後日見てもらうことにしたい。
 7打数1安打。打率 2割4分9厘4毛。

 夜、 劇団どくんご の新作芝居 「誓いはスカーレット θ (シータ)」 を見に近所の栄町公園へ。
 来年の公演は休むと伝え聞く。 どくんごロスを怖れたであろう近隣の老若男女で犬小屋テントは満員だ。

 今年もいたるところで詩心が炸裂する夢幻の一夜だった。 とりわけ第二バイカル湖の一幕に心をわしづかみにされる。 何度でも通って見直したいくらいだが、例年どおり私が見ることができるどくんごは釧路公演の1回のみになりそう。
 終演後の打上げにだらだらと居座る。


2019年8月6日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第213試合


  1. 宇宙の本
  2. 大島育雄 『エスキモーになった日本人』
  3. レコード
  4. 『家なき子』
  5. 草野心平
  6. レコード

 またしても4歳児の姪っ子と店ン中でかけっことかくれんぼ。 汗だくになる。 本気を出しすぎた。

 『立体で見る星の本』 が売れる。 角川文庫版の 『家なき子』 も売れる。
 6打数2安打。打率 2割5分0厘2毛。


2019年8月5日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第212試合


  1. ビアズリー系
  2. 法律、不動産の本
  3. パソコンの本
  4. 関 鑑子 『青年歌集』
  5. 釧路の歴史の本
  6. 『白糠町史』
  7. 障がい者に関する本
  8. 『日本語を話そう』
  9. レコード
  10. 北村透谷

 「戦後憲法裁判の記録を多数廃棄 自衛隊や基地問題、検証不能に」

 分別がつく大人がやることじゃないなと、物が捨てられない系の古本屋は思う。

 例年、港まつりが終わった翌日の街は眠ったように静か。 今年もそのとおりになった。

 岩波文庫の 『北村透谷選集』 が売れる。
 10打数1安打。打率 2割4分9厘7毛。


2019年8月4日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第211試合


  1. 昔の歌の (三橋美智也)
  2. 山登りのガイドブック
  3. 「なんかいいの入ったかい」
  4. 半紙
  5. これと同じの (徳間文庫の佐木隆三 『日本漂民物語』)
  6. 佐木隆三
  7. 山川惣治 『少年タイガー』
  8. 末岡外美夫 『人間達 (アイヌタリ) のみた星座と伝承 』

 くしろ港まつりの最終日である。 この日も好天。
 午後1時からの 音楽パレード に向けて沿道に人が集まってくる。 常連さんがみえたので 「パレードですか」 と尋ねたら、 「ん、おやき買いに来た。パレードは見ない」 と即答される。
 花よりだんごの人だということを忘れていた。 すみません、愚問でした。

 2が売れる。
 8打数1安打。打率 2割5分1厘4毛。


2019年8月3日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第210試合


  1. 岩波文庫のサマセット・モームの『サミング・アップ』
  2. 高等学校で使っている地図帳
  3. 平成11年に釧路新聞社から出た羽生 輝先生の 『美の旅 創造の旅』

 前日、元生徒会長氏に教えてもらった シカク のサイトをのぞく。 取り扱っているジンの数々が蠱惑的ではまりそう。

 くしろ港まつりの2日目。 午後3時より 市民踊りパレード がはじまる。

 電話で訊かれた3の在庫あり。 パレードの最中、お客さんが意中の本を受け取りに見える。
 3打数1安打。210試合を終えて、847打数214安打。打率 2割5分2厘6毛。


2019年8月2日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第209試合


  1. 講談社のプチコミックスの 『真夜中のシンデレラ』?
  2. 東野圭吾
  3. 道尾秀介
  4. 松田優作の 『処刑遊戯』 の映画パンフレット
  5. 大下英治

 鈴木大介インタビュー 「格差社会の復讐者たち」

 「若い世代をきちんと育てられないことの結果は、将来、自分たちの社会に跳ね返ってきますから」 のくだりに震撼する。 40代以上の大人の責任についても重たい言葉がつづく。

 「お金持ちが集まって住んでいる町があったら、そこの奴ら全員外出させて、そいつらの家に入れませんかね」 の発想にホームズの有名な短編を思い浮かべる。

 戦前の釧路の絵葉書 (昭和一六年三月三日 大湊要港部検閲済) を仕分けていたら、春採公園を写した1枚があった。

 キャプションには 「丘陵湖沼を巡りて萬古の碧水静かに 緋鮒湖中に舞ふて紅錦の色濃かなり  天然記念物」 と付いているが、肝心の写真にヒブナは影も形もなく、春採湖を背景にしてのんきに牛が主役を張っている。

 『レコジャケ ジャンキー!』 を通過した者としては、どうしたって ピンク・フロイドの 『原子心母』 を並べてみたくなる。 同書でも 『原子心母』 のジャケットは大人気だったっけ。

 あたりが暗くなり、港まつりの くしろ港まつり の大漁ばやしパレードがはじまる。 年々、祭りの様相がさびしくなっていく実感がある。
 途中の夜8時で店を閉めてパフェ会へ向かう。

 3が売れる。
 5打数1安打。打率 2割5分2厘3毛。


2019年8月1日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第208試合


  1. 北海道の歴史の本

 前日より釧路に滞在中の岩村誠二さん、今回も精力的に近隣の町々をまわっているらしい。 恒例の風景印はがきが店に届きだす。

 この日の分は、茶内郵便局 (浜中町) と厚床郵便局 (根室市) のもの。 その後の数日間で 計8枚の風景印はがき を送ってもらった。 いつもありがとうございます。

 夜、2階の喫茶ラルゴで フロレンシア・ルイスヤヒロトモヒロ Duo Live 釧路公演

 スタッフSさんのライブ・レポートは 今回も充実 している。
 1打数0安打。打率 2割5分2厘6毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。
 昔アルバイトをしていた新刊書店が破産申請したことを知る。


2019年7月31日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第207試合


  1. ゴルフを題材にしたマンガ
  2. 子どものころに読んだ 『ジャングル・ブック』
  3. 英語の本
  4. 日本の小学生や中学生が読むような本
  5. 釧路の本
  6. 山田太一
  7. 70年代の 「スクリーン」
  8. 金澤伊代 『詩集 海のかたち』

 札幌の岩村誠二さんがご来釧になる。

 常連の書道の先生に、見逃していた 「ブラタモリ」 の録画ディスクを貸してもらう。 釧路湿原の回阿寒・摩周の回

 外国の方にルビ付の講談社青い鳥文庫が売れる。 日本の方に山田太一エッセイ集 『路上のボールペン』 が売れる。
 8打数2安打。打率 2割5分2厘9毛。


2019年7月30日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第206試合


  1. アイヌのシャーマンの本
  2. 陰陽道の本
  3. 三浦綾子
  4. アイヌ語辞典
  5. 「あれからプロレスの本入りましたか」
  6. 中国からの古い本
  7. 太宰 治

 休業中の本店の掃除に勤しむ喫茶部長が、36年前、 釧路新聞に掲載された父親の文章 を発掘した。

 全文は、次のリンク先でお読みいただけます。 豊川俊英 「古本屋雑感」 (「釧路新聞」 昭和58年5月28日掲載)

 関東から避暑に来ている4歳の姪っ子と店内で追いかけっことかくれんぼに興じる。 タッチされないように莫迦みたいにおどけて体をひねって逃げていたら、てき面に背中を痛める。 一部始終を居合わせたお客さんに目撃される。

 先週の井上章一を探していたお客さんが再訪、本店から持ってきた 『美人コンテスト百年史』 が売れる。
 7打数1安打 (内1安打 7/26分)。打率 2割5分3厘0毛。


2019年7月29日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第205試合


  1. 星野仙一
  2. 道新記者が書いた?釧路の生活保護の本
  3. 浮き球
  4. 『かもめのジョナサン』
  5. English-Japanese dictionary
  6. Car Number?

 2は 『自治総研ブックレット 釧路市の生活保護行政と福祉職・櫛部武俊 自治に人あり 5』 のことだった。 在庫はない。

 浮き球が売れる。
 6打数1安打。打率 2割5分3厘9毛。


2019年7月28日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第204試合


 当店のがらくたコーナーにある石を集めた一角に反応したお客さんがいた。 もちろん石好きである。 そればかりか 『不思議で美しい石の図鑑』 の著者と懇意の方だった。 あの本、素晴しかったなァ。

 今年から 8月9日がはっくんの日 に決まったそうな。 関係者の方に教えてもらう。
 あ、はっくんというのは 釧路市立博物館 のかわゆいマスコットキャラクターのことでっす。

 「芸術新潮」 最新号 のゆるかわアート万博特集にも、われらがはっくんが取り上げられているそうな。
 あと、今年も 「ミュージアムキャラクターアワード 2019」 にエントリーされている。 周知徹底をはかりたい。

 PCの投票ページ

 スマホの投票ページ

 夕方5時になっても蒸し暑い。 もわっとくる。 30度までいったかな。 釧路市民の多くは溶けているにちがいない。 それはいいとして店内で腕を2ヶ所も蚊にさされた。
 0打数0安打。打率 2割5分4厘5毛。

 近所の栄町公園に京都の劇団 ベビー・ピー の特設テント劇場がたち、夜その公演 「ラプラタ川」 を見に行く。

 ブラジル移民の歴史。 戦前から現代まで重層化する時間と場所。 歌と演奏。 映画や芝居の素材にされて1回きりの生が何度でも生き直されるということ。 たった6人の出演者が衣装を変え、被り物をし、人形を用い、そうやって多くの人物を早変わりで次々と演じていく。 公演地・釧路の川をめぐる土地性に目くばせし、アンゲロプロス映画の時間の流れすら取り込んでみせる。

 こうしたいくつもの流れが息せき切って注ぎ込み氾濫する南米のラプラタ川だった。 常に聞こえてくる栄町公園の噴水の水音まで川の物語に加勢するようだ。 1度の観劇では咀嚼しきれず戯曲を買って目を通す。

 終演後の打上げで 京大・吉田寮 の存続問題について劇団員の方にレクチャーを受ける。


2019年7月27日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第203試合


  1. 囲碁
  2. 英英辞典

 暑くなる。 夏らしくなる。 Inter FM897の フジロック特集番組 をかけながら営業する。

 以下、気になったネットの記事を3本。

 「「韓国・フェミニズム・日本」 特集はなぜ大ヒットしたのか? 『文藝』 編集長に聞く、86年ぶり3刷の裏側」

 「感情を暴力ではなく、言葉と音楽で表現したかった kamui (TENG GANG STARR)」

 「吉本興業はいつから、どのようにして ”国策企業” にまでなったのか?」

 囲碁の本が売れる。
 2打数1安打。打率 2割5分4厘5毛。


2019年7月26日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第202試合


  1. お布施にする便箋
  2. 国土地理院の地図帳
  3. レコード
  4. 厚岸の小島小中学校の閉校記念誌、70年史
  5. 花の図鑑
  6. Taiwan History
  7. 二宮尊徳
  8. 井上章一
  9. 中野信子
  10. ジョージ・エリオット 『ミドルマーチ』
  11. 小林芳文 『ムーブメント教育療法』
  12. レコード
  13. クラシック系のCD
  14. 栃折久美子 『森有正先生のこと 』
  15. 丘山 新 『菩薩の願い』
  16. 桜部 建 『存在の分析』
  17. 倉本 聰の道元
  18. CD

 今年の 釧路霧フェスティバル はちゃんと霧が出た。

 井上章一の 『愛の空間』、クラシックのCDが売れる。
 18打数2安打。打率 2割5分3厘9毛。


2019年7月25日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第201試合


  1. 昭和20年代のカストリ雑誌
  2. 画集 (釧路の人の)

 大阪のガス人間さんからいただいたメールに、 昔の教え子が吉本興業に入ったけれど今ごろどうしているのかなと書いてある。
 2打数0安打。打率 2割5分7厘2毛。


2019年7月24日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第200試合


  1. 講談社現代新書の河合さんの人口論
  2. 昭和40年くらいの地図、白糠とか
  3. 寺山修司
  4. 片岡義男

 寺山修司のお客さん、 2年前に当店で映画 『ブレードランナー』 の本を買っていかれた方だった。 ひとしきり同作の話に花を咲かせる。

 その翌日、ルトガー・ハウアーの死去をニュースで知る。 いうまでもなく 『ブレードランナー』 のレプリカント役で知られた男優だ。 作中と同じ2019年に亡くなったのだな。 合掌。

 角川文庫の片岡義男が売れる。
 4打数1安打。200試合を終えて、795打数205安打。打率 2割5分7厘8毛。


2019年7月23日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第199試合


  1. 刺繍の本 (クロスステッチ)
  2. 音楽の本 (ジャズ)
  3. 日本の鉄道の本
  4. 会社の社員教育、トレーニングの本
  5. 語学教育の本

 山下洋輔のエッセイ集 『猫返し神社』 の登場人物だという方がお見えになる。 未読の本なのでそれ以上踏みこめず。 おもしろそうなのでもっとよく話を聞いておくべきだった。

 「語学教育の本」 を探している方に 『何でもわかる漢字の知識百科』 (三省堂) が売れた。 課題をクリアしたことにしたい。
 他に、福島泰樹 『無頼の墓』 が売れる。
 5打数2安打 (内1安打 7/19分)。打率 2割5分7厘9毛。


2019年7月22日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第198試合


  1. 「小学館の図鑑 NEO」 の鉱物
  2. 石の図鑑
  3. 竹久夢二
  4. オースティン・フリーマン
  5. 『二輪馬車の秘密』

 京都からみえた釧路好きのお客さんとこの界隈の話をあれこれ。

 向かいの北海道銀行ビル跡で整地がはじまる。 何ができるかわからないが、喫茶部長の見立てでは駐車場である。
 5打数0安打。打率 2割5分6厘9毛。


2019年7月21日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第197試合


  1. 道東のこの辺の地図
  2. 昭和30年くらいの住宅地図
  3. マーク・ローランズ

 エミリーさん親子と斜里町の 北のアルプ美術館 にまた行きたいですねと話し合う。

 劉 慈欣 『三体』 を粛々と読み進める。
 3打数0安打。打率 2割5分8厘6毛。


2019年7月20日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第196試合


  1. 岩波文庫 『論語』
  2. セネカ 『生の短さについて』 (岩波文庫)
  3. キェルケゴール 『不安の概念』 (岩波文庫)
  4. 深井克美

 開店前に市役所で参議院選挙の期日前投票をしてくる。
 4打数0安打。打率 2割5分9厘6毛。

 夜、2階の喫茶ラルゴで マダムギター岡地曙裕 ライブ 釧路公演 が開かれる。

 「ウーマンリブ」 という曲を気に入り、終演後にCDを購おうとするが収録盤はなし。 代わりに別のアルバムを求める。
 こちら はスタッフSさんのライブ・レポート。 「イカしたご夫婦」 の衣装や小物にも着目しています。


2019年7月19日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第195試合


  1. 福島泰樹
  2. 松平盟子
  3. 英語の本
  4. 楠本憲吉
  5. 早坂 暁
  6. 夏葉社の庄野潤三さんの 『山の上の家』
  7. 新刊 (「フライデー」とか)

 雨かジリか曇りがつづく今週だ。
 ヤマハのスピーカー MS-1000もこのところ調子が悪くて、右側の音が聴こえなくなる。 湿気のせいだろうか。

 以前もこんなグズグズの天気のとき、片方のスピーカーの鳴りが悪くなったことがあった。 そのときは配線の不具合だとわかりすぐに直ったのだが、今回は一向に改善されない。

 うちのメカ担当であるところの2階の喫茶部長に助けを求める。
 しばらくいじってもらっているうちに、左右のスピーカーから均等にラジオのナイター中継が聴こえてきた。

 「やっぱり配線がおかしくなっていたのかい」
 「えーとね、それがスピーカーじゃなくて、アンプの方でさ。 大抵のアンプにはバランスの目盛りというのがあるんだけど、 今見たらそれがLEFTの方に振れていたんだ。 中央に戻したらこの通り音が出たよ」
 「……」
 「……」

 それにしても、うちのメカ担当は頼りになるなァ。 儂 (不可解担当) を哀れむような目で見ていたのは一寸気になるのだけれど。
 よし、次は2階で使わないでいるミラーボールとやらを1階の天井に取り付けてもらおうか。

 福島泰樹 『朔太郎、感傷』、楠本憲吉 『食べる楽しみ 旅する楽しみ』 が売れる。
 福島泰樹のお客さん、またいらっしゃるというので本店の在庫を持って来よう。
 7打数2安打。打率 2割6分0厘9毛。


2019年7月18日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第194試合


  1. マンガ
  2. 写真集 (マイケル・ケンナ)
  3. 洋書
  4. 小型の英和辞典
  5. 英語の本

 一線を越えてしまったな

 「レコード棚がなくなって、入り口付近が広くなりましたね。 ここで古本市ができますね」 と猫田さん。 斬新な意見をありがとうございます。
 5打数0安打。打率 2割6分0厘7毛。


2019年7月17日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第193試合


  1. 最近ホームページの新規入荷に載っていた函館の本
  2. 二見書房のあのへんのシリーズ、オカルト系の
  3. 『自民党戦国史』

 宗田 理が 清水一行 『動脈列島』 のゴーストライター だったことを知る。 昔読んで愉しかった作品だ。 代作で日本推理作家協会賞受賞とは、そんなのアリかよと驚く。

 夜、2階の喫茶ラルゴが貸し切りに。 「中国 「五・四運動」 100年を記念して 大川純彦氏 『暁鐘』 出版記念会」 が開かれる。

 記念会のあいだも階下は開けていたので、本の内容が伝わってくる。 ちょうど劉 慈欣の 『三体』 を読んでいるところだし、これもなにかの縁だ。 会の終わりに大川さんの 『暁鐘 「五・四運動」 の炎を点けし者 革命家李大サショウの物語』 を買い求めた。

 版元の藤田印刷エクセレントブックスは地元の会社。 他には このような本 を出している。
 3打数0安打。打率 2割6分2厘4毛。


2019年7月16日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第192試合


  1. 砂古玉緒
  2. 今年の干支や運勢が書いてある本
  3. 碁の本 (棋譜の本)
  4. 『小三治一代』

 2階のラルゴは、喫茶部長がお疲れ気味のようで臨時休業に。

 4は、釧路の水産業界の大立者で仏舎利塔を建立したことでも知られる中村小三治の評伝 『炎の人 小三治一代』 のこと。
 尋ねたお客さんは旅行中のご夫婦で、以前、当店ホームページで同書を注文した方だった。 プレゼント用にもう1冊ほしいとのことだが、あいにく在庫を切らしていた。

 前の晩、本店から移していた本多勝一の 『先住民族アイヌの現在』、 お客さんがこれでもいいわとお求めになる。 はじめに訊かれた品とは違うが、これも安打だ、俺が法律だ!

 他に、坂田栄男 『現代の名局 上下巻』 (誠文堂新光社) が売れる。
 4打数2安打 (内1安打 7/15分)。打率 2割6分3厘5毛。


2019年7月15日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第191試合


  1. マンガ
  2. 北方民族の本
  3. 内陸アジアの本
  4. 釧路の昔の写真が載っている本
  5. ファイル
  6. 『自民党こうめい』?
  7. 本多勝一 『アイヌ民族』
  8. マンガで 『ハルコロ』

 海の日。

 寺田克也 『西遊記伝Vol.2 大猿王2』、木保秀一・監修 『保存版 ふるさと釧路』 が売れる。

 本多勝一の 『アイヌ民族』 は在庫がないものの、 同じ著者の 『先住民族アイヌの現在』 ならば、休業中の本店にある。 お客さんに伝えて、翌日現物を見てもらうことになる。
 8打数2安打。打率 2割6分2厘2毛。

 夜、2階の喫茶ラルゴで 「ソウルフラワーユニオン 中川敬 弾き語りワンマンライブ」 釧路公演 が開かれる。 中川さん、たっぷり歌って、たっぷり語って、満腹感につつまれる一夜となった。

 恒例となったスタッフSさんの画像付レポートは こちら です。

 今回もミラーボールは廻らなかった。


2019年7月14日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第190試合


  1. なにかいいもの
  2. 岡倉天心 『茶の本』
  3. 更科源蔵
  4. レコード
  5. 緑鯨社の詩集で金澤伊代 『海のかたち』

 「日本中にある “キリスト看板” 製作現場を東スポがマスコミ初取材」

 開店前、 企画展示 「原野の文学」 目当てに 釧路文学館 へ。 更科源蔵と猪狩満直の貴重書に見入る。

 岩波文庫の 『茶の本』 が売れる。
 5打数1安打。190試合を終えて、747打数196安打。打率 2割6分2厘3毛。


2019年7月13日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第189試合


  1. 大滝詠一の本
  2. はっぴいえんどの本
  3. 刀の本
  4. 釧路の新しい市街地図
  5. 昔の観光ガイド

 1日中、雨が降る。 厳島神社 の例大祭の お神輿はトラックに載せられて 市内をまわった。

 本の扱いがぞんざいな人の動きにハラハラする。
 5打数0安打。打率 2割6分2厘8毛。


2019年7月12日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第188試合


  1. 大川さんの本
  2. 今の時刻表
  3. レコード
  4. 本店の窓に飾ってあるビリー・ジョエルのレコード

 高校時代の同級生が久々に顔を出す。 先日の 「出張 円盤 レコード寄席」 のことを熱っぽく語って聞かせたのだが、逆効果だったかもしれない。

 現在、本店は休業中なのだが、ウィンドウがさびしいので時折レコードを飾っては入れ替えている。 仕事の行き帰りにいつも本店前を通る方がそれに目を留めて4のリクエストをくれた。 ビリー・ジョエルの 『ストレンジャー』 である。 引渡しは後日。
 4打数1安打。打率 2割6分4厘5毛。


2019年7月11日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第187試合


  1. 啄木関係
  2. 高村 薫
  3. 『えぞキリシタン』
  4. 古い絵葉書
  5. 古い地図
  6. 鉄道関係
  7. プロレスの本
  8. SF小説

 常連の関東在住アランジさんが写した こちらの画像 をご覧いただきたい。 休業中の本店の本棚である。

 横板の手前の部分が大きくえぐれているのがお分かりだろうか。 棚の奥に電灯のスイッチが隠れていて、 1982年の開業以来、毎日のように灯りをともしているうち社長の前腕にこすられて自然と削れてしまったのだ。
 恥ずかしい話だが、 豊文堂で働く以前を含めると30年来この棚の前を行き来していたにも関わらず私は気づかなかった。 まこと節穴である。
 アランジさんには、このえぐれを 「社長さんの勲章」 と評していただいた。

 絵葉書や 『北海道 駅名の起源』 が売れる。

 プロレスのお客さんは、先月後半に格闘技本の在庫を尋ねてきた方。 その後、本店から藤田和之の自伝や亀和田武のプロレス・コラムなどを移していた。 それらをお求めいただく。
 これはつまり前回と今回で2安打稼いだということではないだろうか。
 8打数4安打 (内1安打 6/25分)。打率 2割6分4厘6毛。


2019年7月10日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第186試合


  1. ジャズ雑誌

 「スイングジャーナル」、「ジャズランド」、「ジャズマガジン」 など、ジャズ雑誌が6冊売れる。
 1打数1安打。打率 2割6分2厘0毛。

    < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 新札幌駅デュオ郵便局の風景印が押された 封書 が届く。 中身は 麦芽粉末飲料 ミロ の小袋。 バーコードの国別番号によるとベトナム製品である。 おやつにいただこう。


2019年7月9日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第185試合


  1. コリン・デクスター
  2. 『罪の声』
  3. イタリア語の辞書
  4. かこさとし
  5. 「ユリイカ」
  6. 書道の字典
  7. 映画 『挽歌』 の越路吹雪の主題歌のレコード
  8. ドイツの人が書いた 『急降下爆撃』

 夜、2階の喫茶ラルゴで、 円盤 店主・田口史人さんによる 「出張円盤 レコード寄席・ 釧路編  沖縄のレコード」 が開かれる。
 興味深い話がたくさん聴けた中、< その表現は誰に向かって作られているのか> という問いかけが一際強く残った。
 終演後に副読本として 『円盤のレコブック series 沖縄はレコの島』 などを購入。 それにしても物販コーナーはおもしろそうなものが満載である。 ハァハァしてしまった。

 スタッフSさんの画像付レポートは こちら です。

 期待されたミラーボールは廻らなかった。
 8打数0安打。打率 2割6分1厘0毛。


2019年7月8日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第184試合


  1. 血が滾ってくるような小説
  2. 古地図 (関東の)
  3. サンリオSF文庫
  4. 森茉莉さんのエッセイ集

 マグネット先生から 「血が滾ってくるような小説を読みたい」 という熱いリクエストをもらう。 お薦めしていた映画 『孤狼の血』 を見終えたばかりだという。 お気に召してもらえたようだ。

 船戸与一の 『蛮族たち』、ミッチェル・スミスの 『ストーン・シティ』 を選ぶ。 船戸与一は他にもグッとくるのがいくつもあるのだけれど、いかんせん店に在庫がなかった。

 老舎 『猫城記』、バーセルミ 『口に出せない習慣、奇妙な行為』 と2冊のサンリオSF文庫が売れる。
 『サンリオSF文庫総解説』 によると、同文庫の編集責任者を務めた西村俊昭氏は 「2012年の2月に、生まれ故郷の釧路で世を去ったという」 (大森 望)。
 4打数2安打。打率 2割6分3厘9毛。


2019年7月7日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第183試合


  1. 『太平洋炭鉱労働組合 解散記念誌』
  2. 北大路魯山人
  3. 昔の地図 (鳥取)
  4. 絵葉書

 関東から半年ぶりにアランジさんがご来釧に。

 昨日の夜、店に奈良さん来てましたよねと何人もの方に教えてもらう。 お顔は存じ上げていたつもりでしたが、まったく気がつくことなく応対しました。

 太平洋炭鉱労働組合の 『解散記念誌 ヤマの絆』 に指名が入る。 先週仕入れたばかりでダンボール箱に仕舞ったままの1冊があった。
 4打数1安打。打率 2割6分2厘6毛。


2019年7月6日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第182試合


  1. 『新しい鉄筋コンクリートの構造』
  2. イザベラ・バード
  3. レコード
  4. レコード
  5. CD
  6. 玉井裕志 『萌える大草原』
  7. 法律 (法哲学)

 映画の先生がコッポラの 『ワン・フロム・ザ・ハート』 と 『コットンクラブ』 のDVDを貸してくれる。 どんどんこの手の借り物や頂き物が増えてきた。 さっさと見なきゃだわ。

 宮本常一 『イザベラ・バードの 『日本奥地紀行』 を読む』、 色摩辰雄 『日本法の生成と法思想』 が売れる。
 7打数2安打。打率 2割6分2厘7毛。


2019年7月5日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第181試合


  1. 原田康子の初版本
  2. 野菜づくりの本
  3. ホームページに載っていた桜木紫乃 『凍原』
  4. 前にあった 『バーナム博物館』

 出勤前に学校納品。

 東都書房版の 『挽歌』 の初版本が売れる。 『凍原』 も。
 ミルハウザーの 『バーナム博物館』 は別の場所に移していた。 こちらも売れる。
 4打数3安打。打率 2割6分2厘4毛。


2019年7月4日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第180試合


  1. 発電所に関する本
  2. 宮崎市定
  3. 内藤湖南

 朝、出張買入れ。 先週も行ったお宅へ。
 3打数0安打。180試合を終えて、697打数181安打。打率 2割5分9厘6毛。


2019年7月3日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第179試合


  1. ホームページに載っていた 『フランス革命についての省察』 の上下揃ったの
  2. 『会社四季報』
  3. 『頭文字D』
  4. 源 義経
  5. 武田勝頼
  6. 原田康子 『挽歌』
  7. 薬草の本
  8. 植物図鑑
  9. 谷崎潤一郎 『細雪』
  10. 児童書
  11. 浅田次郎
  12. 宗教家の坂木恵定さんの本

 今年はじめて半袖で出勤する。 年配の常連さんに見せびらかすように報告すると 「風邪ひくんでないよ」

 『挽歌』 が売れる。 荻原規子の 『空色勾玉』 が売れる。
 12打数2安打。打率 2割6分0厘8毛。


2019年7月2日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第178試合


  1. レコード

 商業捕鯨が再開 されて、ここしばらく売れなかった鯨の本が動きだす。
 1打数0安打。打率 2割6分2厘4毛。


2019年7月1日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第177試合


  1. 池井戸 潤
  2. 森山浩二+山本剛トリオ 『スマイル』
  3. 芥川龍之介
  4. 伊坂幸太郎

 ドキュメンタリー映画 『作兵衛さんと日本を掘る』 のチラシに目を留めたズリ山裏道さんが、「あれ、松山ケンイチが出てる。 おかしいな、私の知ってるのと違うバージョンがあるのかな」
 すみません、それ、たまたま 『プロメア』 のチラシと重なって出来た 錯覚 です……。

 ところで松山ケンイチさんと早乙女太一さんと堺 雅人さんだと、どなたが 先山/後山 になるのだろう。

 3、4が売れる。
 4打数2安打。打率 2割6分2厘8毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2019年6月30日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第176試合


  1. 昔の教科書
  2. 『鳥取町史』
  3. 鯨関係

 2階の喫茶ラルゴで 「石原清雅 江南OB交流展」 が好評開催中である。 石原先生は97歳になる地元の書道家。 この日午後1時より、 ご本人による作品解説 が行われた。

 『ニッポン聞き書き選書 1 街にクジラがいた風景』 など捕鯨の本が3冊売れる。

 前日訊かれてとりおきしていた山本多助の 『アイヌ語小辞典』 が無事もらわれていく。 3ヶ月前にも同じ方が探しに来ていた本である。 1冊で2安打稼いだという計算が成り立つのではないか。
 そんなわけで棚ぼた式に猛打賞。 ずるっこではない。
 3打数1安打。打率 2割5分8厘4毛。


2019年6月29日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第175試合


  1. 前の山本多助 『アイヌ語小辞典』
  2. 新田次郎 『劒岳 点の記』
  3. 新田次郎 『富士山頂』
  4. 「MOE」 の2011年3月号
  5. 『二本指の法則 あなたの健康状態からセックスまでを語る秘密の数字』
  6. 『歎異抄』

 午前中、市内の出張買入に出かける。 お客さん宅の居間に画伯の絵が飾ってあった。 聞けばご夫婦の馴れ初めに画伯が大きな役割を果たしたという。 よいお話を聞かせてもらった。

 この前 「キネ旬」 で読んだ内田也哉子による父・裕也への弔辞が素晴しかったっけ。 と思い出していたら、マグネット先生が内田裕也と尾藤イサオ共演のCDを貸してくれる。 尾藤さんの歌声に聞き惚れる。

 『劒岳 点の記』 も 『富士山頂』 もないけれど、別の新田次郎作品が売れる。 これも安打だ、俺が法律だ!
 6打数1安打。打率 2割5分8厘1毛。


2019年6月28日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第174試合


  1. 島尾ミホ 『海辺の生と死』
  2. 古い住宅地図 (昭和30〜40年代の標茶町)
  3. 文字をフェルトで切抜きしたのが載っているような本

 「映像で見る明治の日本」 というサイトが開設された。

 午後、いったん店を閉めて徒歩10分ちょっとの 観光国際交流センター へ。 JEMTC (日本電子機器補修協会) 主催のノートパソコン有償譲渡会で店用の予備のパソコンを手に入れる。
 3打数0安打。打率 2割5分8厘9毛。


2019年6月27日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第173試合


  1. 中学校の教科書とか参考書
  2. 「BISTRO 男子」 の他の号
  3. 北海道の地方史
  4. 内田康夫
  5. 小池喜孝
  6. 『礼文町史』
  7. 『枝幸町史』

 店前の構造物の陰で サボテンが花を咲かせていた。 野生のサボテンである。 喫茶部長に教えてもらうまで、花どころか生えていることすら気づかなかった。
 多肉植物の栽培に一家言をもつ植物部のたにさんならば、なんと評するだろう。 最近ご無沙汰ですがお元気ですか。

 曽我部 司 『北海道警察の冷たい夏』 が売れる。

 前の日に訊かれてとりおきしていたアイヌ民族の本2冊、お客さんが再来店してお買い上げに。 中村一枝 『永久保秀二郎の研究』、ジョン・バチェラー 『蝦和英三対辞書』。
 7打数3安打 (内2安打 6/26分)。打率 2割6分0厘1毛。


2019年6月26日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第172試合


  1. 他にドローイングの本
  2. 岩合光昭さんの猫の写真集
  3. 岩合さんのでなく猫の写真集
  4. 外国の小説
  5. 原田康子 (『挽歌』 の文庫本)
  6. 『厚岸町史』
  7. 平凡社の東洋文庫
  8. 熊本日日新聞?から出た 『林田則友伝』
  9. 永久保秀二郎に関する本
  10. ジョン・バチェラーに関する本

 『厚岸町史』 の昭和50年刊の旧版がおとりおきに。
 『挽歌』 のお客さんにはご近所の佐藤紙店を紹介する。 同書の新潮文庫新刊を常備しているのです。

 宇江佐真理の文庫が3冊売れる。
 日曜日の三田村鳶魚のお客さんが来てくれた。 中公文庫の鳶魚江戸文庫シリーズが4冊もらわれていく。
 10打数3安打 (内2安打 4/20、6/24分)。打率 2割5分8厘3毛。


2019年6月25日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第171試合


  1. 美術の本
  2. 詩の本
  3. 「これ、マンガ系はいっさいない感じですか」
  4. 西城秀樹のレコード
  5. 格闘技の本

 朝、パッケージプラザ我満で包装資材を調達。 その後、海山小道氏に会いに行く。

 岩波文庫の 『上田敏全訳詩集』、天龍源一郎が売れる。
 5打数2安打。打率 2割5分7厘7毛。


2019年6月24日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第170試合


  1. 島田紳介
  2. 吉田秀和 『バッハ』
  3. 森南海子 『袋物のはなし』 (未来社)
  4. 綿谷りさ 『蹴りたい背中』
  5. 釧路馬について書いてある本
  6. 洋書
  7. CDなんか
  8. 古い本
  9. 鳥瞰図

 昨晩のライブと打上げが愉しすぎたせいで虚脱状態に。 や、単なる二日酔いかもしれないが、それにしてもぐだぐだの月曜日だった。

 4、7が売れる。

 昨晩の三田村鳶魚のご夫婦、お出でにならなかった。 やはりああいうときはすぐにその場で現物を見てもらうべきであったか。
 9打数2安打。170試合を終えて、643打数165安打。打率 2割5分6厘6毛。


2019年6月23日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第169試合


  1. 宇江佐さんの本
  2. 三田村鳶魚

 宇江佐真理の文庫本が売れる。 亡くなって3年以上経つが、未だに在庫を訊かれる。 当店で一番よく売れる時代小説作家かもしれない。 函館在住のひとだった。

 夜、2階のラルゴで リクオ トリオによる 「「グラデーション・ワールド」 発売記念ツアー 2019」 釧路公演 が開かれる。
 いつもは単身で釧路に乗り込むリクオさんが、 寺岡信芳 さん (Ba.)、 小宮山純平 さん (Dr.) とともにラルゴで初めてのバンドによる演奏を披露してくれた。

 詳しくは2階スタッフの フラカンさんによるレポート をお読みいただきたいが、この日のために新品のドラムセットが入った。 それだけではない、ミラーボールまで!

 フラカンさんも私も、喫茶部長から一切知らされていなかったので、 天井で光る玉が廻りだしたときは腰を抜かしたことであるよ。 秘密主義も大概にしなさい!

 それはそうと、いつものようにライブでもぎり嬢を務める私である。 当日飛び込みのお客さんが来るかもしれないので 開演後も数十分は階下の受付席にいるのだけれど、 この日は演奏がはじまってから三田村鳶魚をお探しのご夫婦がやってくる。

 中公文庫が何冊かあることを伝えると、「明日は何時からやってるの、明日また買いに来るよ」 とおっしゃる。 売れたら安打に加えたい。
 2打数1安打。打率 2割5分7厘0毛。


2019年6月22日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第168試合


  1. 植草甚一
  2. 田辺聖子 『欲しがりません勝つまでは』

 日曜日に問い合わせを受けた本店在庫の鳥取の本、 お客さんに現物をお見せし、6点あるうち5点をお求めいただけた。
 2打数5安打 (内5安打 6/16分)。打率 2割5分6厘3毛。


2019年6月21日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第167試合


  1. 最近出た有名な評論家の創価学会の本
  2. シャーリー・マクレーンのパンフレット
  3. イングリッド・バーグマンのパンフレット
  4. 岩波文庫

 屋根の雨漏り工事がはじまる。
 4打数0安打。打率 2割4分9厘2毛。


2019年6月20日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第166試合


  1. 鳥の図鑑
  2. 星野道夫の作品集
  3. 『スウィングガールズ』 のDVD
  4. 『嫌われ松子の一生』 のDVD
  5. 舟越道子 『青い湖』

 北海道新聞社の 『北海道の野鳥』 が売れる。

 舟越道子さんは釧路出身で、彫刻家・舟越保武さんの妻。 彼女の句文集 『青い湖』 は本店に在庫があった。 ただしその本店は現在休業中である。
 明日でよければこっちの店に移しておきますよと伝えたら、明日帰るんですとお客さん。 旅行者だった。
 5打数1安打。打率 2割5分0厘7毛。


2019年6月19日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第165試合


 NHK朝のラジオ番組 「すっぴん」 の能町みね子回に タブレット純 さんが出演。 「力士たちの歌声」 のお題のもと、美声やら粘っこいのやら、 「桃色の若い巨人」 たちの色とりどりの歌唱を朝っぱらから堪能する。
 社長や大阪のガス人間さんにも聴いてもらいたくて、すぐにラインやメールで知らせる。
 0打数0安打。打率 2割5分1厘2毛。


2019年6月18日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第164試合


  1. 岩波書店の雑誌で 「思想」 の91年1月か2月の800号
  2. 桜木紫乃 『光まで5分』
  3. レコード
  4. 北海道関係
  5. 写真集

 2階のラルゴで 「石原清雅 江南OB交流展」 がはじまり (7/13まで)、遠方からとても大きな花のアレンジメントが届く。 ホントに大きくて立派な花々なので上に置き場がなく、階下の入り口付近に飾る。
 「豊文堂が新装オープンしたみたいですね」 と2階スタッフのフラカンさん。

 札幌の岩村誠二さんが関東方面を旅行中だそうな。 あちらで投函した風景印ハガキが5通届く。
 中では、湯けむりたなびく箱根湯本郵便局のデザインが好み。 画像を載せたいのだけれど、レジまわりがとっちらかっていて 今となっては3通しか見つからない。 残りの2通はたぶん恥ずかしがりやさん。 足が生えてどこかへ身を隠したのであろう (この項、7月16日に書いています)。

 ホームページに載せたばかりの2に指名が入る。
 5打数1安打。打率 2割5分1厘2毛。


2019年6月17日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第163試合


  1. 岡村昭彦 『南ヴェトナム戦争従軍記』

 2階の喫茶ラルゴは月曜定休日。 午前中、そのラルゴでピアノの調律がはじまる。 今年もピアノマン・ リクオ さんのライブが近づいてきたのだ。
 1打数0安打。打率 2割5分1厘6毛。


2019年6月16日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第162試合


  1. 時代物
  2. 『釧路市の歩み 開基90年 開港60周年 鳥取町合併10周年記念』
  3. 『釧路・鳥取報恩会 創立百年記念誌』
  4. 『絵葉書 鳥取神社』
  5. 『鳥取神社の麒麟獅子舞 創祀八十年記念』
  6. 『戦時中の新聞にみる鳥取町のあゆみ 鳥取青少年団の援農をめぐって』
  7. 『祝 鳥取開基百年』
  8. 開高 健
  9. 『オーパ!』
  10. 社長が除けておいてくれた牧野富太郎の図鑑

 荒天である。 開店時間を遅らせて、 中央図書館芸術館 をハシゴする。
 後者は 「江戸の遊び絵づくし展」 を開催中。 コサキン風にいうと 「バッカで〜い」 を 連発したくなる素敵なくだらなさが横溢していて、たいへん愉快な心持ちになる。

 夜、転勤する編集長の送別会がラルゴで開かれる。 たくさんの思い出が駆け巡る。 長年、たいへんお世話になりました。

 宮部みゆきの時代物の文庫が売れる。
 2〜7まで、ホームページをご覧になった方から掲載品のリクエスト。 休業中の本店の商品なので、後日売れたら安打に加えたい。
 10打数1安打。打率 2割5分2厘0毛。


2019年6月15日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第161試合


  1. 絵本
  2. 昔の電話帳
  3. 三田村鳶魚
  4. 中学1年生くらいの英語の本

 絵本 『きんのさかな』、中公文庫の鳶魚が3冊売れる。
 4打数2安打。打率 2割5分4厘5毛。


2019年6月14日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第160試合


  1. 釧路の民衆史
  2. キリスト教の
  3. みすずさんの詩集
  4. 写真集
  5. 中野京子 『怖い絵』 の3巻目
  6. 沖田瑞穂 『マハーバーラタの神話学』 (弘文堂)
  7. 田中於菟弥 『インドの神話 世界の神話 6』 (筑摩書房)
  8. ミルチア・エリアーデ 『シャーマニズム 上下』 (ちくま学芸文庫)
  9. バダンテール 『母性という神話』 (ちくま学芸文庫)
  10. トマス・マロリー 『アーサー王物語 全5冊』 (筑摩書房)
  11. アーシュラ・K・ル=グウィン 『ロカノンの世界』 (ハヤカワ文庫)
  12. アーシュラ・K・ル=グウィン 『言の葉の樹』 (ハヤカワ文庫)

 大竹伸朗の 「ビル景 1978-2019」 を追いかけて熊本まで行った方のお土産話を聞かせてもらう。

 横積みしてある本の山に靴をはいたままあがる人あり。 書棚の高いところの本をとろうとしていた。 厳重に注意する。 踏み台あります。 言われれば代わりになんぼでもお取りします。 どうかそんなことはしないでください。

 福井達雨 E・ストローム 『神様が笑った』、 荒木経惟 『NOBUYOSHI ARAKI SHIKIJYO SEXUAL DESIRE』 が売れる。
 12打数2安打。160試合を終えて、601打数152安打。打率 2割5分2厘9毛。


2019年6月13日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第159試合


  1. 和多田 進
  2. 船山 馨 『石狩平野』
  3. レコード
  4. 「フィールドノート」 の1、2号
  5. 渡辺喜恵子 『タンタラスの虹』
  6. ベティ・ブープのことが書いてある本

 九州の猫山さんから、豊文堂のホームページが見られないと抗議の電話がくる。 4月末のドメイン移管の失敗の余波がつづいていた……。 どうもすみません。 慌てて新アドレスを知らせる。

 筒井康隆 『ベティ・ブープ伝』 が売れる。
 土曜日に訊かれて本店から持ってきた小泉武夫 『日本の味と世界の味』 も、探していた方に売れる。
 6打数2安打 (内1安打 6/8分)。打率 2割5分4厘6毛。


2019年6月12日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第158試合


  1. イプセン 『人形の家』
  2. 原田康子 『挽歌』
  3. キン肉マン関係

 新潮文庫の 『人形の家』 が売れる。
 『挽歌』 のお客さんには、ご近所の佐藤紙店が新潮文庫の新刊を扱っていることを知らせる。
 3打数1安打。打率 2割5分3厘8毛。


2019年6月11日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第157試合


  1. 将棋関係
  2. 洋書
  3. アーキテクチャ
  4. CD
  5. 文春文庫の津本陽 『宮本武蔵』
  6. 藤田の
  7. 岩波文庫の 『啄木・ローマ字日記』
  8. 『ざんねんないきもの事典』

 10日前に中国の焼き物のことを尋ねた方が再来店。 三杉隆敏 『海のシルクロード』 (新潮選書) を買っていかれる。
 8打数1安打 (内1安打 6/1分)。打率 2割5分3厘4毛。


2019年6月10日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第156試合


 組合の事務局引き継ぎのため根室へ車を走らせる。 行きは寄り道、帰りも寄り道。 途中でみつけた温泉に浸かるなどして、午後5時半より店を開ける。

 昨晩撤去したレコード棚の下が本のストック場所でもあった。 そこに目一杯入っていた本の山がすべて店内に逆流。 途方に暮れるくらいの惨状が現出する。 そして途方に暮れるといえば、 7月に大澤誉志幸さんが釧路に来ます。
 0打数0安打。打率 2割5分5厘2毛。


  2019年6月9日 (日)
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第155試合

  1. ハヤカワ文庫のサスペンス (『ミレニアム』)
  2. 東野圭吾

 故あってレコードにつづいてレコード棚もなくなる。

 東野圭吾の文庫が売れる。
 2打数1安打。打率 2割5分5厘2毛。


2019年6月8日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第154試合


  1. 原田康子さん
  2. 軍隊もの
  3. マンガ本
  4. 小泉武夫さん
  5. 宗教関係

 中公文庫の小泉武夫 『奇食珍食』 が売れる。
 3週間前に訊かれた華道の実生流の本が、その後探求者のお客さんの下に引き取られていたことを忘れていた。 1安打追加。
 5打数2安打 (内1安打 5/16分)。打率 2割5分4厘3毛。


2019年6月7日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第153試合


  1. 参考書
  2. 『北海道の湿原と植物』

 ここ数ヶ月ほど、 『本屋の雑誌』 (本の雑誌社) というのを、他の本を読む合間にちびりちびりと読み進めているのだが、 「過去の記事と新原稿を合わせた400ページを越える圧倒的 「本屋大全」!」 なる惹句のとおり、 短い記事がたくさん詰まっており、読んでも読んでも一向に終わらない。

 新刊屋さんにまつわるものばかりで構成されているのだけれど、先達たちの苦闘の跡がユーモラスに綴られていて、 古本屋にとっても心強くかつ心休まる読み物である。
 2打数0安打。打率 2割5分3厘0毛。


2019年6月6日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第152試合


  1. 『まんぷく家族』
  2. 山の雑誌、小説
  3. 釧路の地図
  4. CD
  5. 「日本の呪い」?

 市内の小学校3年生が北大通の社会見学に。 事前に知らされていた予定時間が終わるギリギリになってからわが店にも何組かのグループが訪ねてくる。

 この年齢だと古書店という存在に関心を持つのはまだ難しいかな。 旨そうな匂いが漂う昼時である。 「2階に上がってみてもいいですか〜」 と喫茶ラルゴに興味津々の子のほうが多かった。

 質問されるばかりではつまらないので、どんなものを読むのか逆に尋ねると、 本好きの女の子が 「動物と話せる少女リリアーネ」 というのを教えてくれた。 シリーズがたくさん翻訳されている のじゃな。

 うちの店には 「動物と話せる永遠の3歳児なのネ」 とでも呼びたいケモノ博士のような常連さん (画伯のこと) がいるのだけれど。

 1の 『まんぷく家族』 は是枝さんの 『万引き家族』 の言い間違い。 あの一家がみんないっしょにどこかで幸せに暮らしているようでよかったよ。

 新田次郎の文庫が2冊売れる。
 5打数1安打。打率 2割5分3厘9毛。


2019年6月5日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第151試合


  1. 永田秀郎 『釧路 街並み今・昔』
  2. 前田一歩園の英語で説明した本
  3. 船山 馨 『石狩平野』
  4. 井上陽水のレコード
  5. 羽田圭介
  6. コバルト文庫

 編集長の転勤を知らされる。

 2階の喫茶ラルゴにドラマーが誕生する。 その名もエルヴィン豊川。
 6打数0安打。打率 2割5分4厘4毛。


2019年6月4日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第150試合


  1. 『チボー家の人々』
  2. ヴァージニア・ウルフ 『ダロウェイ夫人』
  3. フォースター 『眺めのいい部屋』
  4. バーバラ・ヴァイン
  5. 竹内敏晴
  6. バンド・スコア

 朝、出張買入と納品を済ませ、その後、家電量販店で買い物。 午前10時半すぎより店を開ける。

 集英社の 『ダロウェイ夫人』 が売れる。 ちくま文庫の 『オーランドー』 と 『ヴァージニア・ウルフ短篇集』 も合わせてもらわれていく。

 他に、竹内敏晴 『話すということ』 が売れる。
 6打数2安打。150試合を終えて、552打数142安打。打率 2割5分7厘2毛。


2019年6月3日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第149試合


  1. 氷室冴子
  2. 『エクソシスト』 の小説
  3. 馬場さんの本
  4. 辞典みたいなの
  5. 山の本

 鳥取のとある店を訪ねる。 店主の方とは最近知り合った。 同じ高校の同学年だったらしいのだが、私も相手も互いのことをまったく覚えていない。
 午前11時半から店を開く。

 さらば冷蔵庫、さらばレコード。

 『新選 国語辞典 第八版』 が売れる。
 5打数1安打。打率 2割5分6厘4毛。


2019年6月2日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第148試合


  1. 参考書
  2. 旅行の雑誌 (「カイ」)
  3. 『まるごと温泉』?
  4. 六花亭のCD

 朝、本店で注文品を探した後、図書館で返して借りてしてから店を開ける。
 4打数0安打。打率 2割5分6厘9毛。


2019年6月1日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第147試合


  1. 子どもたちがイラストを描くときの手本になるような本
  2. ブランキ 『欧州経済思想史』
  3. 教育関係
  4. 鳥取の本
  5. 中国の焼き物で祥瑞 (しょんずい) に関する本

 2階の喫茶ラルゴで 「ねづもとひこ いらすと画展 ガラス」 がはじまる (16日まで)。

 2ヶ月前に訊かれた道新ミュージアム新書の深井克美の巻が売れる。
 ブランキのお客さんは電話による問い合わせ。 本店のホームページで在庫を確認してくださったとのこと。 後日来店されるというのでそれまでに本店から移しておこう。

 釧路市の鳥取の本が売れる。 鳥取県からの入植者の歴史をつづったもの。
 5打数3安打 (内1安打 3/17分)。打率 2割5分8厘8毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2019年5月31日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第146試合


  1. バンドスコア
  2. 半藤さんの本
  3. 昔の岩波少年文庫
  4. 『天国と地獄』 の原作

 半藤一利さんも参加した文春新書の 『昭和陸海軍の失敗 彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか』、 ポケミスのエド・マクベイン 『キングの身代金』 が売れる。
 4打数2安打。打率 2割5分5厘6毛。


2019年5月30日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第145試合


  1. 宗教の本

 市内の某会館にて、釧路古書籍商組合の総会及び交換会が開かれる。 北海道東部の組合加盟店7店が集まった。
 少量だがよい品を競り落とすことができた。 こちらが用意した品も思った以上に引き取り手が現われて一安心。

 午後4時より店を開ける。
 1打数0安打。打率 2割5分3厘7毛。


2019年5月29日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第144試合


  1. アーチェリーの指導書
  2. 中島みゆきのCD
  3. 井上 靖
  4. エッシャー
  5. だまし絵の本
  6. コラージュ的な本
  7. ティモシー・リアリー 『大気圏外進化論』
  8. 手帳

 井上 靖の文庫が売れる。

 夜、翌日の釧路組合の集まりのため車に大量の本を積み込む。 重みで明らかに車高が低くなる。
 8打数1安打。打率 2割5分4厘2毛。


2019年5月28日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第143試合


  1. 『82年生まれ、キム・ジヨン』
  2. 岸 恵子

 売れない岩波新書をどんどこ値下げするなど。
 2打数0安打。打率 2割5分6厘2毛。


2019年5月27日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第142試合


  1. 和裁の本
  2. 『アルジャーノンに花束を』
  3. 梶井基次郎 『檸檬』
  4. 朝井リョウ 『何者』
  5. 釧路の鉄道の歴史を書いた本

 近所に越してきた図書館にあわせて2階の喫茶ラルゴが月曜を定休日にしてからというもの、 あおりを食ったのか階下の古本屋も静かになってしまった週の始まりである。

 好天だった。 このところ休みがないので気分転換にちょっと遠出をしてみたい。 でも自重する。
 電話が鳴った。 出張買入れを希望する方からだった。 渡りに舟。 開店まもなくだったがこれは依頼なのだから大っぴらに店を閉めて (舟ではなく車で) お客さんの家に向かった。

 長年物置に仕舞われていた本のなかから、 比較的状態がよい戦前のものを2箱分ほどお譲りいただけた。 車の窓を開けて風を浴びながら店に戻った。

 時間が飛んで、深夜0時の本店にて。
 木曜日に迫った組合のセリに出す50年分の 「S-Fマガジン」 をひとりで仕分けていた。 休業が長引き古書の匂いが濃密に籠っている。 玄関の扉を開け放して作業した。
 ひやりとした夜の空気が入りこむ。 通りを歩く人はいない。 AMラジオから流れるディスクジョッキーの軽快な喋りが心地よい。 ふだんは敬遠するような流行りのJ-POPすらも。

 ふと視線を感じた。 戸口を見やると一匹の猫がこちらをうかがっていた。 昨秋、本店に迷い込んだのと 同じ子 だろうか。 おいでと呼んで近寄るとぴゅーっと逃げてすぐに見えなくなった。 仕分け作業をつづけた。
 5打数0安打。打率 2割5分7厘2毛。


2019年5月26日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第141試合


  1. 『ヴァイオリンを愛する人へ』
  2. 服部四郎 『日本語の系統』
  3. 『コクリコ坂から』 のパンフレット
  4. アマリア・ロドリゲスのCD

 帯広の気温は38.8度だそうな。 釧路も20度くらいまで上がる。

 15年くらい前になるのか、 書店の面差しでたまたま手にとった単行本のなんの気なしに開いた頁に 「半日は気分がいい。半日は地獄にいる。「不安」 の恐怖は名状しがたい」 とあり、その一節に心を奪われてからというもの津原泰水を愛読している。 『綺譚集』 所収の 「天使解体」 という短編だった。

 津原やすみ名義を除けば本になったものはあらかた読んでしまい、もったいなくて買ったきり寝かせていた 幻冬舎刊のエッセイ集 『音楽は何も与えてくれない』 を、 このたびの 「事件」 を機に読みはじめた。

 この題名は一種の反語である。 わたしたちの人生に音楽が与えてくれる妙味について 現役の音楽家としての豊富な経験をもとにとことん具体的に語りかけてくる。
 4打数0安打。打率 2割5分9厘7毛。


2019年5月25日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第140試合


  1. 鉄道の絵本
  2. 井上 靖 『額田女王』
  3. この辺の地域の歴史の本
  4. 釧路叢書 『日鑑記』
  5. ホームページに載っていた昭和32年2月号の 「教育技術」
  6. 北海道関係

 高度に発達した鼻毛は口ひげと見分けがつかない。 あ、お客さんのことではなく自分自身への観察の結果です。

 1、2、3、4、5が売れる。
 6打数5安打。140試合を終えて、508打数133安打。打率 2割6分1厘8毛。


2019年5月24日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第139試合


  1. 『明暗』
  2. 『続 明暗』

 釧路古書籍商組合総会の決算報告書を作る。

 一昨日訊かれて本店から持ってきた 『アイヌ史/概説』 が売れる。
 2打数1安打 (内1安打 5/22分)。打率 2割5分4厘9毛。


2019年5月23日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第138試合


  1. 貝原益軒 『養生訓』
  2. 村上春樹 『ノルウェイの森』
  3. ヘミングウェイ 『武器よさらば』
  4. モーム 『月と六ペンス』
  5. モーム 『人間の絆』
  6. カトリック関係の本

 「検便検査の御案内」 なるファクスが届く。 居酒屋や高利貸しのはよくくるけれど、検便ってのは初めてではないかしら。 2階の喫茶部長に渡す。

 『養生訓』 が売れる。
 高 史明 『歎異抄のこころ』 (NHKライブラリー) も売れる。 こちらは先週訊かれて休業中の本店から持ってきたもの。 探していた方が再度顔を出してくれた。
 6打数2安打 (内1安打 5/16分)。打率 2割5分4厘。


2019年5月22日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第137試合


  1. 早川三代治
  2. 中島みゆきのCD
  3. ご推薦の本
  4. 書道関係の新しいの
  5. 河野本道 『アイヌ史/概説』

 堀内光一 『先住民アイヌの曙光 民族自決権の奪回へ』 (社会評論社) が売れて、3をクリア。 そのお客さんには 「やめちゃダメだよ」 と励まされた上、 ご近所の浦田菓子舗のみそまんじゅうまでいただいてしまった。
 5打数1安打。打率 2割5分3厘0毛。


2019年5月21日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第136試合


  1. 料理の本
  2. 樺太の本
  3. 『国史大辞典』
  4. こんなのでNHKの『葵 徳川三代』の
  5. ジョセフ・マーフィーさんの本

 悪天候の予報をふまえて2階の喫茶ラルゴは前日より臨時休業することを決定。 古書部は通常どおり店を開ける。
 悪天候とやらは蓋を開けると大したことがなかった。
 5打数0安打。打率 2割5分3厘5毛。


2019年5月20日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第135試合


  1. English Books

 当店でも絶賛お取り扱い中の 円盤ミツザワ通信、 その最新号を自分用に買う。
 おまけのCD-Rが2枚ついていて、今回は枕元レコードの方が当たりだった。

 今年も2階の喫茶ラルゴで 「出張円盤レコード寄席」 が開かれまっす。
 1打数0安打。打率 2割5分6厘1毛。


2019年5月19日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第134試合


  1. 封筒
  2. マンガ
  3. 1週間くらい前のホームページに載っていた 『はこだて歴史散歩』
  4. 板倉光馬 『どん亀艦長青春記』
  5. 佐々木 譲
  6. 小室直樹
  7. 前にあった経済学
  8. 中島 敦
  9. 食品加工の本
  10. 摩周湖の古い写真が載っている本

 とある映画の撮影が釧路で行われている。 原作は有名な賞を受けた小説。 たまたま当店に立ち寄ったスタッフだという方が教えてくれた。
 知りたくてたまらないくせに監督や出演者のことはあえて尋ねなかった儂、これって一種の見栄張りですかね。 や、そこまで詳しくは教えてもらえないかと思って。

 W・E・クラムリック 他 『肉製品』 (学窓社) が売れる。
 10打数1安打。打率 2割5分6厘7毛。


2019年5月18日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第133試合


  1. この前あった 「一枚の繪」 のヨーロッパのなんちゃら
  2. 寺山修司の歌集
  3. トランプ

 釧路市立博物館の 「10連休緊急企画 「はっくん」 人気投票結果発表!!

 儂が票を入れた怪盗はっくんは10位じゃった。

 雑誌 「一枚の繪」 の別冊が売れる。
 3打数1安打。打率 2割6分0厘0毛。


2019年5月17日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第132試合


  1. 湊かなえ
  2. ハリー・ポッターの5、6、7巻
  3. 松本清張 『砂の器』
  4. 三浦綾子 『氷点』
  5. 原田康子 『挽歌』
  6. 町田 康
  7. お料理に関係する本

 猫田さんに 「北海道と京都と その界隈」 の最新第10号をいただく。
 「北海道 路麺紀行」 というコラムあり。 駅の立ち食い蕎麦屋の激減と、 それでも営業しているJR富良野駅の <圭子ちゃんの店> について書いてある。 旅心をくすぐられる。

 1、5、7が売れる。
 7打数3安打。打率 2割5分9厘5毛。


2019年5月16日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第131試合


  1. 『歎異抄』
  2. 「道東文学」
  3. 「東海道山陽新幹線二十年史」
  4. 山と溪谷社の 『山怪』
  5. 華道未生流の本
  6. なんかおもしろい本

 5のお客さんは電話による問い合わせ。 お目当ての未生流の伝書は休業中の本店に在庫があった。 向こうから持ってきて後日見てもらうことになる。
 6打数0安打。打率 2割5分7厘0毛。


2019年5月15日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第130試合


  1. 三浦綾子
  2. 渡辺淳一
  3. 北構保男
  4. 中西 進
  5. 『DEATH NOTE』
  6. 『バトル・ロワイアル』
  7. 刺繍の本
  8. アース・ウィンド・アンド・ファイアーの帯付レコード (ウルフルズの由来)

 根室の北構保男さんの対談が載った冊子がもらわれていく。 お客さんには引きつづき関連書の探索を頼まれる。

 折りしも読売新聞の今朝の朝刊で、北構さんが 「第13回 読売あをによし賞」 に選ばれている。

 他に、7が売れる。
 8打数2安打。130試合を終えて、457打数119安打。打率 2割6分0厘3毛。

 夜8時半、2階の喫茶ラルゴで 「ウーマンラッシュアワー村本が北海道釧路のカフェに現れワイン片手に語り続ける独演会」 が開かれる。

 開場時、店先に人だかりが出来て、たまたま通りがかった顔なじみの新聞記者氏が 「こんなにいっぱい集まって 何か事件が起きたの 」 と顔を出すくらいの盛況。 ちなみに記者氏ったら、俺が刺されたのかと思ったらしい。 なんでだよ!

 独演会は痛快にして最高だった。 好き放題に喋りちらしているようで、放ったブーメランが思いがけない方角から手元に帰ってくる。 伏線回収の悪魔とお呼びしたい。 ますます応援したくなった。

 主役もお客もいない開演数時間前のラルゴにて、 マイクテストで 「ハイ、ど〜も、こんにちは〜。村本大輔です!」 と連呼していたのは、2階の喫茶部長こと豊川大輔氏。 偽大輔、世にはばかる。


2019年5月14日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第129試合


  1. 浅田次郎 『蒼穹の昴』 の2、3、4巻
  2. ジッド 『狭き門』
  3. 若菜 勇さんのマリモの本
  4. アト°イ
  5. 梅原 猛
  6. 古い日本地図

 「芸術新潮」 の2004年9月号が売れる。 特集は梅原 猛の円空巡礼。
 6打数1安打。打率 2割6分0厘5毛。


2019年5月13日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第128試合


  1. 樋口一葉 『たけくらべ』

 月末に開かれる釧路古書籍商組合交換会の告知ハガキの宛名書き。 60枚分しこしこと進める。

 松浦理英子の 『たけくらべ 現代語訳』 が売れる。
 1打数1安打。打率 2割6分1厘8毛。

    < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 八幡郵便局の風景印とともに、味覚糖の グミキャンディ が届く。
 全長40センチになるグミを二つ折りにして透明な袋に入れてある。 後日いらした差出人のズリ山さんに尋ねたところ、当人はむき出しのまま送ったとのこと。 郵便局の人が事故を恐れて袋詰めにしたらしい。


2019年5月12日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第127試合


  1. 有島武郎
  2. 50年代、60年代のアメリカの女の人が写っている本

 フラカンさんによると、今年も 本店前の公園で野点が開かれた 模様。

 有島武郎と、「LIFE」 誌の大型映画本 『LIFE GOES TO THE MOVIES』 が売れる。
 2打数2安打。打率 2割6分0厘1毛。


2019年5月11日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第126試合


  1. ホームページに載っていた 『記憶の科学』
  2. 登山の会報

 気がつくと外で小雨がぱらぱらと降り出していて、均一棚をあわてて店内に引っこめる。 直前に入ってきた方、それまで外の棚を見ていたのだから一言教えてくれてもいいのにと思う俺はお客に甘えているのか。

 『バイオハザード』 のユーチューブ動画にハマっている橋井由高さん、おかげで読書が捗らないとか。 そんな世界があるのかと勉強になる。
 2打数0安打。打率 2割5分6厘8毛。


2019年5月10日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第125試合


  1. CDとかレコード
  2. 馬場のぼるのマンガ
  3. 後家さんの本

 今年も園芸大臣の手により色とりどりの花々が店前を飾ることになった。

 久々に顔を出した画伯がシェイクスピアを気取って 「所詮この世はすべて芝居よ。オレも行く先々の店でいろんな人物になりきって演じているのだぞ。 ちょっとの間違いで殺されるわけでなし。もっと気楽にいこうよ。わっはっは」 と明るく去っていった。

 馬場のぼるの 『肝ぞうは正義の味方』 (otsuka漫画ヘルシー文庫)、 ラッキー社の 『女の色 第3集』 が売れる。 後者は 「後家さんの本」 枠として。
 3打数2安打。打率 2割5分7厘9毛。


2019年5月9日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第124試合


  1. 松本清張
  2. 「文藝春秋」 の新しいの
  3. こういうような本 (絵本)

 清張の 『火神被殺 』、絵本の 『どろんこハリー』 が売れる。
 3打数2安打。打率 2割5分5厘1毛。


2019年5月8日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第123試合


  1. 「文藝春秋」 の3月号
  2. 編み物の本
  3. 桜木紫乃

 朝、パッケージプラザ我満で包装資材を調達する。
 3打数0安打。打率 2割5分2厘3毛。


2019年5月7日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第122試合


  1. 『ユダヤの商法』
  2. 森 有正 『遙かなノートルダム』

 前日は臨時に店を閉め外出していた。
 まず、 はっくんの人気投票 を開催中の博物館へ。 お気に入りの機関車はっくんは上位人気らしくて、 代わりに片眼鏡をかけた怪盗はっくんに私の濁った1票を投じる。

 館内もぶらぶら見てまわり、いつものように4階休憩室から太平洋を望む。 ここからの眺めが好きなのですよ。

 つづいて美術館で 「英国自動人形展」。 ボタンを押すと動かせるもの多数あり。 これは真似して作りたくなる。 けっして真似できないけれど。

 その後、片道45分かけて鶴居村まで足を伸ばす。 GALLERY ツルイの小屋 で 「伊藤恵里個展 霧の記憶」 を鑑賞する。
 はじめてお邪魔したが、1、2階吹き抜けの天井まである壁一面の本棚が聞きしに勝る威容であった。 とても落ち着く場所なのだけれど、ついつい棚の本に目を走らせてきょろきょろしてしまう。

 おしまいは映画館のレイトショーで 『キングダム』 を。 整理の行き届いた語り口と創意に富んだアクション、魅力的な役者の配置が好ましい。 虚無的な刺客を演じた坂口 拓という人に目を瞠る。 1週間前に来釧した山陰の映画獣こと007さんも絶賛しておられた。 それと大沢たかお、最高!
 以上、なんでもかんでも詰め込んで方々まわった余裕の欠片もない休日じゃった。

 ノートルダム大聖堂の火災に関連してニュースで森 有正の著作を取り上げていたそうだ。 『遙かなノートルダム』 はないけれど 『遠ざかるノートルダム』 なら在庫があった。 お客さん、それでもいいわとお求めに。 1安打。
 2打数1安打。打率 2割5分4厘0毛。

    < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 札幌駅パセオ郵便局投函の封書 が届く。 「大阪環状線・弁天町駅」 の記念スタンプも押されていて、中身はラムネ。 後日、小腹がすいたときに食べる。


2019年5月5日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第121試合


  1. 映画パンフレット

 連休のあいだ、NHKラジオでは 子ども科学電話相談 を放送している。 店でかけて聴く。 この日はカメムシについての疑問など。

 当店には縁がなさそうな若者たちがいつもより多いのは10連休だからかな。 入ってくるなり 「わァ、おばあちゃん家の匂いがする」

 数日前も物珍しそうに入ってきてまったく同じことを呟く少女がいた。 おじいちゃん化が進む儂が常駐するこの店じゃが、 あくまで 「おばあちゃん家の匂い」 なのじゃな。
 おじいちゃんなのにおばあちゃんというのが興味深い。 子ども科学電話相談で訊いてみよう。
 1打数0安打。打率 2割5分2厘9毛。


2019年5月4日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第120試合


  1. ジャンプの 『鬼滅の刃』
  2. 三浦哲郎
  3. 『ハロウィン』 の映画パンフレット
  4. 高塚省吾の画集
  5. 『エルム街の悪夢』 の映画パンフレット
  6. 封筒
  7. 松山千春 『足寄より』
  8. 横光利一
  9. 伊丹十三 『小説より奇なり』
  10. 『暮らしの手帖の評判料理 2』
  11. 『北海道の鉄道廃線跡』 北海道新聞社
  12. 時代小説で岳って人の?

 2、7、8が売れる。 8の横光利一は、昭和30〜31年に河出書房から刊行された全12巻の全集。

 前日訊かれて本店から移してきた 『寺山修司戯曲集 血は立ったまま眠っている』 も売れる。
 12打数4安打 (内1安打 5/3分)。120試合を終えて、426打数108安打。打率 2割5分3厘5毛。


2019年5月3日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第119試合


  1. 『愛するのが怖い』 (メディアファクトリー)
  2. 『バトル・ロワイアル』 の副読本?
  3. 東野圭吾
  4. 昔NHKでやってた故宮の全4巻の
  5. 寺山修司の初期の戯曲
  6. 「レコード・コレクターズ」
  7. 絵本のコーナー

 本店サイトと北大通店サイトの融合にとりかかる。

 寺山の初期戯曲、北大通店には見当たらないが、 本店ならば1965年刊 『血は立ったまま眠っている』 の初版本がある。 お客さんは明日もおみえになるといい、向こうから持ち出すことにする。

 「レコード・コレクターズ」 の93年7月号が売れる。 特集は、はっぴいえんど。
 7打数1安打。打率 2割5分1厘2毛。


2019年5月2日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第118試合


  1. 洋書の小説
  2. 五味川純平 『ガダルカナル』
  3. 絵葉書
  4. チカップ美恵子 『森と大地の言い伝え』
  5. 中古レコード

 マグネット先生に 「帯広十勝の味 豚丼クッキー」 をいただく。 豚丼そのものは好物なのじゃが。 しばらく放置して眺めて愉しむことにしよう。

 2、3が売れる。
 5打数2安打。打率 2割5分3厘0毛。


2019年5月1日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第117試合


  1. マンガ
  2. 「あぶない刑事」 のパンフレット

 ドメインの移管に失敗する……。 さようなら 「houbundou.com」。 こんにちは 「kosyohoubundou.com」。 茨の道を進むことになってしまった。 こんなはずじゃなかったのに。

 今年はじめての クルーズ客船が入港 する。 天気が悪くてそれらしいお客さんは見当たらない。 かといって地元の人も来ない。
 2打数0安打。打率 2割5分1厘2毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2019年4月30日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第116試合


  1. 標津高校の記念誌

 森永卓郎に訊く 「平成の時代、日本経済はどう変化したのか」
 1打数0安打。打率 2割5分2厘5毛。


2019年4月29日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第115試合


  1. 『書譜』 の上巻
  2. カフカ 『城』
  3. 『金閣寺』
  4. 『こころ』

 昼前、2日早いメーデーのデモが北大通を通りすぎる。
 4打数0安打。打率 2割5分3厘1毛。


2019年4月28日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第114試合


  1. 樹木希林さんの新しいの

 美術家・ 伊藤恵里さんの新刊画集 を当店でも扱うことになりました。

  『ERI ITO HER WORKS 霧の記憶』
  A4判・32ページ・カラー
  厳奈那堂出版・定価1200円 (税込)

 2007年に東京から移り住んだ画家による 「霧と湿原の釧路」 をモチーフにした作品群です。
 現在、鶴居村の ギャラリー・ツルイの小屋 にて伊藤さんの作品展を開催中 (4/14〜5/6まで)。

 2年ぶりに山陰の映画獣さんが来たる。 閉店後、某ファミレスにて映画話にたっぷりと花を咲かせる。
 1打数0安打。打率 2割5分5厘6毛。


2019年4月27日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第113試合


  1. 本店に写真集
  2. レヴィナス 『全体性と無限』
  3. 岩波文庫

 巷では10連休の初日なんですって。
 くしろ湿原ノロッコ号 が今年も運行をはじめる。

 釧路市立博物館 では、酔狂にも 「10連休緊急企画!「はっくん」 人気投票!!」 が敢行されている。 ネット投票は受け付けていないので近々博物館に突撃しなければ。
 3打数0安打。打率 2割5分6厘3毛。

 大阪のガス人間さんが北海道旅行を終えて2週間。 旅の最中につくった歌の数々が届いた。 以下、ご紹介したい。

  帰る日に見る日本海すきとおり
  吾を見送る波おだやかに


  長旅の <旅の時間> が日常に
  じわりじわりと戻り来る日々


  旅もまたいつかは終わるものだから
  メモ・レシートに領収書たまる


 小樽では、92歳の女性歌人との思いがけない歌のやりとりがあったそうだ。 ガス人間さんのかの地の定宿 かもめやさんのブログ にくわしくその出来事が記されている。 読む者の顔がほころぶ内容ではないか。

  (92歳の歌人です)
  耳遠く足も弱りし媼だが
  歌作る力うちに秘める


  若き日は老いを思わず老いてなお
  若さの欠片秘めて光らす


  おしゃれして吾を待つ92の媼あり
  歌がつなぐ縁となる


  北国の歌つくる知己得てからは
  何やら嬉し春空の下


  ひとときの面会終わり列車待つ
  手稲の駅に春の陽の差す


  北国の日陰の雪も溶けた頃
  草の芽伸びて春の陽まぶし


  北国の春待つ想いの重さを計る
  桜前線北上す



2019年4月26日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第112試合


  1. 河崎秋子 『颶風の王』
  2. CDでジュリー・ロンドン
  3. 日本画の描き方の本

 コナリー氏の意外きわまりない 『インフィニティ・ウォー』 讃に調子を狂わされ、 『エンドゲーム』 の初日レイトショーに駆けつける羽目に。 我ながらなんて影響されやすいんだ。 劇場は満員に近い入りでした。

 3が売れる。
 3打数1安打。打率 2割5分8厘3毛。


2019年4月25日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第111試合


  1. ジャズ系の本
  2. 鉄道関係の本
  3. 角川文庫の古典
  4. 演歌の古本
  5. 蓄音機に関する本

 当欄4月12日の項をお読みになった猫田さんが、 実家そばの火の見櫓画像をメールでお寄せくださる。 これまた関東産の櫓であった。
 火の見櫓研究会おしまいの日が迫る 中、常連さんからの投稿が相次ぐ。 消えかけたロウソクの炎が最後にぼっと燃え上がるかのよう。

 「鉄道ジャーナル」 が2冊売れる。
 5打数1安打。打率 2割5分7厘7毛。


2019年4月24日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第110試合


  1. 北海道新聞社の 『新 北のさかなたち』
  2. こんなような字典
  3. 永井荷風
  4. 宮澤賢治全集の新版

 「クレインズ存続へ リーグ加盟内定」

 九州の猫山さんからJR九州の車内誌 「プリーズ」 など各種紙物を郵送でいただく。

 玄関口のタイルの張替え工事がはじまる。

 川本三郎の 『荷風好日』 (岩波現代文庫) がもらわれていく。 週刊誌で荷風について書いてある川本さんの文章を読んだんだとお客さん。
 4打数1安打。110試合を終えて、383打数99安打。打率 2割5分8厘4毛。


2019年4月23日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第109試合


  1. 司馬遼太郎 『梟の城』

 長年使ってきたレンタルサーバーの移転にとりかかる。 慣れない仕事でしょっぱなから疲労困憊。
 1打数0安打。打率 2割5分8厘5毛。


2019年4月22日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第108試合


  1. この辺にあるのの他のやつ
  2. 『さらば茨戸の湖よ』
  3. マンガで 『ドカベン』
  4. 古いゴルフの本

 1はレジカウンターに置いていたほるぷ出版の 「複刻 絵本絵ばなし集」 のこと。 同集は他にも児童書の棚に収めてある。 お客さんをご案内して 『正チャンの冒険 5、6/正チャンの其後 函共3冊セット』 をお求めいただく。
 4打数1安打。打率 2割5分9厘2毛。


2019年4月21日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第107試合


  1. 北海道の自然関係

 午前中、車の定期点検あり。
 その後、釧路市中央図書館釧路文学館 をハシゴする。 文学館では開設一周年記念展示 「緋の河 桜木紫乃が描く釧路」 を観覧。 北海道新聞夕刊に連載された 『緋の河』 のイラストがカラーでいくつも飾ってあり、 モノクロ主体だった紙上と違い華やかな印象を受ける。 目の保養になる。

 野生生物情報センターの 『ワイルドライフ・レポート』 が売れる。
 1打数1安打。打率 2割5分9厘3毛。


2019年4月20日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第106試合


  1. 宇江佐真理
  2. スズキコージ
  3. 中沢新一 『はじまりのレーニン』
  4. 柄谷行人 『世界史の構造』
  5. 本居宣長 『紫文要領』
  6. 島崎藤村 『夜明け前』

 2週間前同様、釧路市役所で期日前投票を済ませてから店を開ける。 今回は釧路市議会議員選挙。

 アランジさんからいただいた 川越くらづくり本舗 の菓子包装紙にハッとする。 これはもしや火の見櫓のイラストでは。 というのは早合点で、実際は川越のシンボル 「時の鐘」 を描いたものだった。

 岩波文庫版 『夜明け前』 全4冊が売れる。
 6打数1安打。打率 2割5分7厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ「北海道の鉄道旅 2019夏 旅と鉄道 増刊6月号」 という新刊が出た。 さらば夕張支線最後の1日、秘境駅探検、旅したくなる廃線、北海道駅弁大図鑑などなど、 オールカラーの記事が目白押し。 「消えゆく石炭列車 釧路の臨港線がついに運休へ」 の読み物もある。 頁をめくり、店に縛られた心を遠方に飛ばす。


2019年4月19日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第105試合


  1. 古語辞典 (できれば2000年以前のもの)
  2. 『ホテルローヤル』
  3. 昭和50年代の釧路の写真が載っているような本
  4. 長倉洋海

 地元出身の長倉さんの 『だけど、くじけない 子どもたちからの元気便』 (NHK出版) が売れる。
 今年も長倉商店塾が開催される。 詳細が発表 されている。
 4打数1安打。打率 割分厘毛。


2019年4月18日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第104試合


  1. ちばてつやのマンガ本2冊
  2. 不良がかった小説
  3. 東野圭吾

 前の日の 鶴居村の最高気温が27.1度 と知って腰を抜かす。 顎が外れる。 おじいちゃん化が進行する。

 『気分はもう戦争 3 (だったかも知れない)』 目当てに 「漫画アクション」 を購入。 電子書籍化、単行本収録ともになし と言われちゃね。 付録の特大ポスターを店に貼る。

 一昨日訊かれて本店から移した釧路市立北中学校の50年史が売れる。
 2、3が後につづく。 不良がかった小説は今野 敏の 『任侠学園』 が選ばれる。
 3打数3安打 (内1安打 4/16分)。打率 2割5分8厘9毛。


2019年4月17日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第103試合


  1. 『怒らないこと』
  2. 本店にある岩波の思想大系の水戸学
  3. CD (ケイコ・リー)
  4. 司馬遼太郎 『十六の話』 の単行本
  5. 中村憲吉歌集
  6. 井上 靖 『星と祭』 の単行本
  7. マンガ 『ポピーザぱフォーマー』
  8. 阿川佐和子

 なんとなく口さびしい。 前にコナリーさんからもらった蒟蒻ゼリーの大袋があったことを思い出す。 とりあえず一口味見だ。 あちこちおじいちゃん化が進んでいるため、冗談ではなく喉につまらせないように流しこむ。 蒟蒻ゼリーってこんな味なのか。 袋にたくさん入っているので小腹がすいたときはこいつを役立てよう。

 賞味期限が今年の1月21日だったことに気づいたのは、何時間も経ってからじゃった。 飲み込みよりもオツムの心配をした方がよさそうじゃのう。 でもお腹はなんともなかったのじゃ。 ふぉっふぉっふぉっ。

 常連さんによると 「日本思想大系」 の水戸学の巻が本店の未整理の山の下の方にあるそうだ。 向こうで探して持ってくることになる。

 2階の喫茶ラルゴは夕方で閉店。 喫茶部長はお仲間に誘われていそいそと 大日本プロレス の試合観戦へ。
 8打数1安打。打率 2割5分2厘7毛。


2019年4月16日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第102試合


  1. 養老牛に関する本ではなくて絵葉書とか変わったもの
  2. 塘路中学校の記念誌
  3. 北中学校の記念誌
  4. 釧路叢書 『釧路湿原』
  5. 古い地図

 今年はじめてストーブをつけずに終日すごす。

 「偶然は、強い意志がもたらす必然である」

 先月末のハサミにつづいて今度はカッターナイフが忽然と消えうせる。 午前中、お客さんのゆうパック梱包のときに使ったばかりなのに。 同封して送ったりしていないと思うけど、おじいちゃん化が進んでいるからなァ。 自分を信用できないや (後日見つかりました)。

 北中学校の記念誌は本店に各種あり持ってくることに。
 4が売れる。
 5打数1安打。打率 2割5分5厘6毛。


2019年4月15日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第101試合


  1. 今野敏の警察もの
  2. 日本の刀工の図鑑のような本
  3. 栃折久美子 『森有正先生のこと』

 エミリーさん親子がみえる。 お話しているうちに少し気が晴れる。
 3打数0安打。打率 2割5分6厘4毛。


2019年4月14日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第100試合


  1. 倉本 聰 『北の人名録』
  2. 新書 (内館牧子の今売れてる本)
  3. 柳田邦男
  4. 釧路湿原の地図
  5. 『歎異抄』
  6. 渡辺一夫
  7. 『北海夢譚』
  8. 太宰 治 『お伽草子』 『新釈諸国噺』

 釧路市議会議員選挙がはじまる。

 3が売れる。
 8打数1安打。100試合を終えて、344打数89安打。打率 2割5分8厘7毛。


2019年4月13日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第99試合


  1. 田辺聖子

 マグネット先生の 羊毛フェルトの新作 が羽幌炭のマスコット・ タンちゃん だった。 昔の雑誌広告に載っていたのをひと目ぼれして作ったそうな。 小物類も再現してすばらしい出来栄えです。

 田辺聖子 『姥ざかり 花の旅笠』 が売れる。
 本店在庫の三好達治 『測量船』 も売れる。 こちらは先週訊かれた品。 お客さんが読みたかった 「友を喪う」 は載っていないが、これも安打だ、俺が法律だ!
 1打数2安打 (内1安打 4/8分) 。打率 2割6分1厘9毛。

 大阪のガス人間さんの北海道旅行が無事に終わった。 旅の前半に詠んだ歌を3首いただいたのでご紹介したい。


  街中にわずかに残る雪の山
  汚れし跡は寒さの芯か

  古本に囲まれ笑うそのすがた
  嬉しさあふれ客に伝わる

  やがて来る春のぬくもり待ちながら
  ベッドの上で本を見詰める



2019年4月12日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第98試合


  1. ネットに載っていた『大人のための算数練習帳』
  2. 飲食コーナー
  3. 太田悦信『ワインを見抜く』

 Yahoo!ブログ サービス終了 を受けて 火の見櫓研究会 に落日が迫る中、ふたりの常連さんから相次いで火の見櫓の画像が届いた。 横浜市と新座市の櫓だ。 示し合わせたわけではないのに偶々関東産のものが重なった。 もちろんどちらも初見である。

 1が売れる。
 3打数1安打。打率 2割5分6厘7毛。


2019年4月11日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第97試合


  1. 宮部みゆき
  2. 実録物というのかオホーツクの囚人労働のたぐいの本
  3. 漢和辞典

 社長が退院することができた。

 高校を卒業したばかりだという初対面の若者に 「比喩がうまい小説を読みたいんですがどんなのがいいか教えてください。 自分はよいものだけ絞って読んでいきたいのです」 というようなことを訊かれて、 「そんな虫がいい話があるかァ!若いうちはいいのもわるいのも濫読せェ! そのうち目が肥えてくるんじゃあ!っていうか君、オレの読書傾向なんにも知らんだろ!」 というようなことをやさしくオブラートに包んで伝える。

 住野よるや山田悠介など今時の小説家が好きというので、 「その人たちが好きなものを遡っていけばいいんじゃない。 たくさん読むなら図書館を活用するのもひとつの手だよ」 とも。

 『岩波 新漢語辞典』、 小池喜孝 『秩父颪 秩父事件と井上伝蔵』 が売れる。
 3打数2安打。打率 2割5分6厘0毛。


2019年4月10日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第96試合


  1. アンティークの本
  2. Japanese Food、English Book

 2階の喫茶部長の長年の招致活動が実を結び、 ソウル・フラワー・ユニオン の中川敬さんのラルゴ・ライブが正式に決まる。

 「別冊太陽 明治・大正のガラス」 などアンティークの本が数冊売れる。
 2打数1安打。打率 2割5分2厘2毛。


2019年4月9日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第95試合


  1. 大きな地図
  2. 小泉 保 『縄文語の発見』
  3. 岩波新書の日本古代史の平城京
  4. ロバート・パットナム 『哲学する民主主義』
  5. 金子郁容
  6. 最近出た齋藤 孝のドラッカーの本
  7. ちくま新書の 『政治学入門』

 『縄文語の発見』 を当店にお売りになったご当人から買い戻したいとの申し出あり、 同書を本店から移すことにする。
 他に、金子郁容の 『ボランティア』 (岩波新書) が売れる。
 7打数2安打。打率 2割5分0厘7毛。


2019年4月8日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第94試合


  1. なかにし礼 『赤い月』
  2. 手相とか人相とかおもしろい本
  3. いわゆる成人向けの雑誌
  4. 三好達治 「友を喪う」
  5. 岩波文庫のエピクテートス 『人生談義』
  6. 安保 徹
  7. 坂戸孝志

 いろいろと悩ましいことが出来する。
 7打数0安打。打率 2割5分。


2019年4月7日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第93試合


  1. 『デルス・ウザーラ』

 LINEデビューする。
 1打数0安打。打率 2割5分5厘5毛。


2019年4月6日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第92試合


  1. 松下竜一 『豆腐屋の四季』
  2. 雑誌 「東京人」
  3. 昭和3、40年代の雑誌
  4. 文庫の坂口安吾
  5. 日本語の試験の問題集

 朝、釧路市役所で期日前投票を済ます。 北海道知事選と道議選。

 前の晩、札幌の岩村誠二さんが19時発の特急最終便でお帰りになった。 滞在中は、鶴居村や標茶町にも足を伸ばしたという。
 ここ数日、それら管内各地の風景印が押された 岩村さんの葉書 が続々と届いて目に愉しい。 休業中の本店の分まで送っていただく。

 昭和39年刊行の 「北の話」 の第6号、角川文庫の安吾 『道鏡・狂人遺書』 などが売れる。
 5打数2安打。打率 2割5分6厘4毛。


2019年4月5日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第91試合


  1. 『万葉集』
  2. パトリシア・コーンウェルみたいなの
  3. クレヨン画を描くときの参考になる花とかの本
  4. 古いタイプの飛行機が同定できる図鑑
  5. 神谷美恵子 『生きがいについて』

 角川ソフィア文庫の 『万葉集』、『飯島志津夫写真集 富士山の四季』、 『航空情報別冊 航空史をつくった名機100』、みすず書房の 『生きがいについて』 が売れる。

 当店にもじわじわと 「令和」 ブームが到達したようだ。 万葉集コーナーを作る。
 5打数4安打。打率 2割5分4厘0毛。


2019年4月4日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第90試合


  1. マンガ (『からくりサーカス』)
  2. 橋本 治
  3. 平野啓一郎 『マチネの終わりに』
  4. 三浦綾子 『泥流地帯』
  5. 浅田次郎 『鉄道員 ぽっぽや』
  6. 新美南吉

 大阪のガス人間さんが次の目的地へと旅立つ。

 おもてを道議選の選挙カーが通りかかり、やたらと景気がよい言葉を連呼しはじめた。 店では高田 渡のアンソロジーのCDをかけていて、ちょうど 「あきらめ節」 が流れていたところ。


 「長いものには まかれてしまえ
  泣く子と 資本家にゃ 勝たれない
  貧乏は不運で 病気は不幸
  時世時節と あきらめる

  あきらめなされよ あきらめなされ
  あきらめなさるが 無事であろう
  私しゃ 自由の 動物だから
  あきらめきれぬと あきらめる



 「あきらめ節」 の歌詞が身に沁みる者には、とても皮肉な取り合わせに聴こえる。 さぁ選挙に行かなきゃ。

 『江戸にフランス革命を!』 など橋本 治が4冊、 新美南吉の 『鳥右エ門 諸国をめぐる』 が売れる。
 6打数2安打。90試合を終えて、302打数74安打。打率 2割4分5厘0毛。


2019年4月3日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第89試合


  1. 北構保男
  2. 北海道の昭和40年ごろの道路地図

 札幌の岩村誠二さんがJRでご来釧。 見てまわるところがいくつもあるらしくすぐに飛び出していかれる。
 こちらも夕方1時間半ほど店を閉めて外出する。

 北構保男の著作は本店に在庫あり。 夜遅く、本店の北方関係の棚で北構さんの本を探していたら、 2週間前に訊かれたとき出てこなかった村田吾一の 『島よ還れ』 があっさりと見つかる。 お主、どこに隠れていたのだ。
 北構さんと村田さん、どちらも同じお客さんの探求書で、後日両方お求めいただく。
 2打数2安打 (内1安打 3/19分)。打率 2割4分3厘2毛。


2019年4月2日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第88試合


  1. 志賀直哉 『城の崎にて』
  2. 小樽新聞社の? 『北のさかなたち』
  3. 知床の山の地図
  4. 『アナタハン』
  5. 『ツンドラの女』
  6. 昼間看護師で夜デリヘルガールの本
  7. 雑誌の 「ムー」

 「書店員矢部潤子に訊く 第1回」

 「実は返品こそが本屋の仕事では一番大事だったりするわけです」 (第3話より) など、 耳が痛いが古本屋にも得心がいく。 我々の業界の場合、返品ではなくツブシになるのだが。

 『北海道夏山ガイド 6 道東・道北・増毛の山やま』 が売れる。 問われた山の地図とは違うけれど安打と見做したい。 俺が法律だ!
 7打数1安打。打率 2割3分8厘0毛。


2019年4月1日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第87試合


  1. CD (歌謡曲)
  2. 文房具
  3. 詩集 (ロルカ)

 新元号が発表される。

 夜6時前に店を閉める。 入院中の社長を見舞いに行く。
 3打数0安打。打率 2割4分0厘4毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。

 アマゾンの急成長を取り上げた項に、 ショッピングモールの廃墟を評して 「もはやゾンビも出没しないであろう何もない無残な姿」 とある。
 釧路の絵本と童話の専門店・プー横丁の閉店にもふれている。


2019年3月31日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第86試合


  1. 釧路の市内地図みたいなの
  2. 『ゴールデンカムイ』
  3. 『北海道 雲と天気』
  4. 伊藤秀五郎 『続 北の山』
  5. アイヌ民族の用語集のような本
  6. アイヌ民族の本 (ネットに載っていた山本多助 『アイヌ語小辞典』 2点)
  7. さっき言ってた新聞に連載していたアイヌ地名の本
  8. 眉村 卓
  9. 英英辞典 (コンパクトなの)

 伊藤秀五郎の 『続 北の山』。 棚には出していないけれどどこかにあったはずと通路にある未整理の山を発掘したら無事に見つかった。

 5、6、7とアイヌ民族の本を探す方が相次ぐ。 それぞれ別々のお客さんで同じ時間帯に店内にひしめく。
 5のお客さんに山田秀三の 『アイヌ語地名を歩く』 を勧めて見送られたのだが、 そのやりとりを聴いていた7のお客さんが 「さっき言ってた新聞に連載していたアイヌ地名の本ってどの本のことですか」 と尋ねてきて、 棚ぼたのように同書をお求めいただけた。

 他に眉村 卓のジュヴナイル小説が売れる。 お客さん、高校生のころに電車通学で熱心に読んだという作家を懐かしんで買っていかれた。
 9打数3安打。打率 2割4分2厘9毛。


2019年3月30日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第85試合


  1. ロシアの本で 『森は生きている』
  2. ホームページに載っていた 『アイヌ紋様を曾祖母から継いで五代』
  3. ホームページの 『ゲロンチョン』
  4. ホームページの 『ばれてもともと』
  5. 『馬産王国・釧路』

 2は本店の在庫なり。 こちらに移して後日お求めいただくことになる。
 前日の北大通店サイトの新規入荷より、3、4に指名が入る。

 夜はガス人間さんを囲む会。 フラカンさんらと愉快な時間をすごす。
 5打数3安打。打率 2割4分。


2019年3月29日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第84試合


  1. 吉川英治の? 『徳川家康』 の1、2巻
  2. 『忍びの国』
  3. ホームページに載っていた 『愉しい歌の手帖 1951年版 モダンロマンス新年号附録』
  4. ホームページに載っていた 『北の話』の第5号
  5. PHP新書

 大阪のガス人間さんがご来釧になり早速話しこむ (ガス人間さんが最近ご覧になった 『死刑台のエレベーター』 のことなど)。

 3、4が売れる。 吹奏楽さんのリクエスト。
 5のPHP新書は山田ズーニー 『伝わる・揺さぶる!文章を書く』 でクリアする。 お客さんが探していたドンぴしゃりの品だった。
 5打数3安打。打率 2割3分3厘3毛。


2019年3月28日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第83試合


  1. 速水御舟
  2. マンガ (『風の大地』)

 開店時間を30分早める。

 月山照基 『速水御舟の真贋考』 が売れる。
 2打数1安打。打率 2割2分6厘4毛。


2019年3月27日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第82試合


  1. 『わがマチの人物地図』 の米町が載っている巻
  2. 深井克美
  3. カズオ イシグロ 『浮世の画家』
  4. 村上春樹 『騎士団長殺し』
  5. ホームページに載っていた外山滋比古 『省略の文学』
  6. 外山滋比古 『省略の詩学』
  7. 絵の本 (水彩画)
  8. 内館牧子 『すぐ死ぬんだから』
  9. 雄別鉄道の時刻表が載っているような本
  10. 日本刀の本
  11. 鉄道の本 (社史、時刻表)

 文庫本3冊お買い上げのお客さん、合計金額が縁起がよさそうな777円だった。

 店内でハサミが神隠しにあう。 つい最前まで使っていたハサミが。

 1、2、7が売れる。 『わがマチの人物地図』 は米町が載っていない第2集だったけれど、 お客さんはこの巻でもいいやとお求めに。

 電話で問い合わせの5は本店に在庫あり。 事前にホームページで在庫の有無を確かめていた地元のお客さんだった。 本はこちらに移動して後日店頭でお求めいただくことになる。 4安打目。
 11打数4安打。打率 2割2分4厘3毛。


2019年3月26日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第81試合


  1. カセットテープ (戦前の霧島昇の)
  2. 作文用紙

 豊文堂書店サイトのトップページ上方に グーグルカスタム検索の小窓を移動させる。 以前の仕様よりもわかりやすくなったかと思う。
 2打数0安打。打率 2割1分8厘2毛。


2019年3月25日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第80試合


  1. 拓銀が破たんしたときの本

 釧路警察署で用事を足してから11時半に店を開ける。
 1打数0安打。80試合を終えて、250打数55安打。打率 2割2分。

    < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 今年はじめての ズリ山さんからの報告書 である。 投函されたのは大正郵便局。 どこの大正かと思ったら大阪の郵便局だった。 郵便書簡の封筒には、道南の鹿部町の記念スタンプも押してある。
 中身は鯨の竜田揚げの料理カードである。


2019年3月24日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第79試合


  1. 鉄道関係の本

 「鉄道ジャーナル」 などが売れる。
 1打数1安打。打率 2割2分0厘8毛。

 夜、2階の喫茶ラルゴで 「河村博司 with 磯部舞子  河村・ベチコの 祝 新婚旅行ツアー」 釧路公演 開催。 網走のマンドリン奏者 矢野敏広 さんがゲストで参加する。

 「新婚旅行ツアー」 というのは字義どおりなのである。 ベチコさんが主役の前半と河村さんが主役の後半の2部構成で、 突進性と包容力のふたつの色合いが楽しめるライブになった。 河村さん、名曲をいくつも持ってるなァ。


2019年3月23日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第78試合


  1. 編み物の本
  2. 2階の牛の絵を描いた人の本
  3. 『海と大地の言い伝え』
  4. 『アイヌの神々』
  5. 『アイヌの踊』
  6. 室蘭の遊郭のことが載っている本
  7. 北海道の遊郭のことが載っている本

 翌日、2階のラルゴでライブがある。 店を閉めてから会場設営を手伝う。
 7打数0安打。打率 2割1分7厘7毛。


2019年3月22日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第77試合


  1. 本の直し方が書いてある本
  2. 手芸に関する本
  3. 写真立て
  4. 大沢在昌
  5. 岩波文庫の 『ボク東綺譚』
  6. 岩波文庫の 『イリアス』

 小学校のときの同級生が亡くなった。 下の名前が私と同じ読みで、体育が苦手な者同士仲がよかった。 卒業アルバムをひらけば、学校の図書室で本を読むグループの写真に彼と私が収まっている。

 卒業後は別の学校に進み以降会うことがなかったけれど、 数年前、2階の喫茶部長にさそわれて末広で3人で酒を呑んだ。 元同級生は喫茶部長と高校がいっしょだったのだ。 その彼が遺した蔵書を引き受けることになる。

 1、2、4、5が売れる。
 6打数4安打。打率 2割2分4厘0毛。


2019年3月21日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第76試合


  1. CD (ビートルズ)
  2. 電気グルーヴのCD

 春分の日。
 2打数0安打。打率 2割1分2厘7毛。


2019年3月20日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第75試合


  1. 推理小説みたいなの
  2. コミック本
  3. 電気グルーヴのCD

 「御神渡り現象」 で玄関口の床が盛り上がったのにつづき、 今度は入り口扉の片側が 「人災」 により半分しか開かなくなる。
 先週は、外に出している2階のラルゴの看板が一部壊れた。 玄関まわりの異変がつづく。 『来る』 の霊媒師・比嘉琴子さんにお祓いしてもらおうか。

 お客さんとラジオの話題で盛り上がり、NHK朝の 「すっぴん」 ファンの多さを改めて思い知らされる。

 「すっぴん」 といえば、この3月で同番組の月曜パーソナリティーを降りる劇作家の宮沢章夫氏。 「群像」 連載の対談をまとめた いとうせいこうの新著 『今夜、笑いの数を数えましょう』 に彼が登場する章があり、これが抱腹絶倒のおもしろさだった。

 たとえば、多摩美時代の宮沢さんが同級生の竹中直人らとやっていた遊びの話。
 「電車の中でじゃんけんをするんですよ。負けたやつが 「この電車は私のものだ!」 って言いながら全車両を歩くとか

 嘘の歌謡曲を作る遊びというのもやっていて、 「「世界歌謡大全集の378ページに 『岩の陰からちょいと見てみれば』 という歌があるんですが、 宮沢さんあれはどんな曲でしたか?」 って いとう君から振られる。 そうするとそれを歌わなきゃいけない。 「岩の陰からちょいと見てみれば〜」 って必ずタイトルから歌い出す」 などなど。

 西村京太郎と大沢在昌が売れる。 前日訊かれた『スラムドッグ・ミリオネラ』 のDVDは、無事お客さんにもらわれていく。

 常連さんに 「ブルータス」 の2014年6月15日号をお求めいただく。 特集は 「喫茶店好き。」。 先月受けたその方のリクエスト 「カフェやバーの隠れ家的な渋めの写真が載った本」 に合致したのだ。 この日の3安打目とする。
 3打数3安打 (内2安打 2/23、3/19分)。打率 2割1分4厘5毛。


2019年3月19日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第74試合


  1. 料理のレシピ本みたいなの
  2. 曽野綾子
  3. 村田吾一 『雲流るる国後』
  4. 北方領土関係
  5. 『スラムドッグ・ミリオネラ』 のDVDかCD

 1、2が売れる
 『千島教育回想録』 が売れる。

 『スラムドッグ・ミリオネラ』 のDVDは在庫ありだが、お客さんまた来ますと一旦見送りに。
 5打数3安打。打率 2割0分4厘3毛。


2019年3月18日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第73試合


 午前中、市立病院で特定健康診査を受ける。 早く終わったので、ついでに某科で不調の箇所を診てもらう。

 2階のラルゴは月曜定休日。
 夕方から店を開ける。 玄関口の屋外部分の床面に縦に一本亀裂が入り盛り上がっていたので驚いた。 前夜は異常がなかったのになァ。
 御神渡り現象 と名づける。
 0打数0安打。打率 1割9分5厘5毛。


2019年3月17日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第72試合


  1. 「別冊太陽」 の小林秀雄
  2. お酒に関する本

 119番に電話をかけて消防の通報訓練を行う。 火元を訊かれて、今年も2階の喫茶ラルゴの厨房から出火したことにする (すみませんね)。
 2打数0安打。打率 1割9分5厘5毛。


2019年3月16日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第71試合


  1. プルースト
  2. チェーホフ
  3. 洋書のファンタジー小説 (翻訳されたやつ)
  4. スマホのガイドブック
  5. 白川 道
  6. Pencil

 道南にお住まいの元会長氏がご来店に。 先月おみえになった台湾からのご一行のお話など。
 6打数0安打。打率 1割9分7厘3毛。


2019年3月15日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第70試合


  1. 久保俊治 『羆撃ち』
  2. ちょっと古めの海外ミステリ

 前日、日本製紙クレインズ戦いがひとまず終わった
 この日はJR根室線の尺別駅、直別駅、初田牛駅の 3駅が最後の営業日 だった。

 小学館文庫版が入荷したばかりの 『羆撃ち』 だが、 お客さんは単行本をご所望だった。 休業中の本店に在庫があり、こちらに移すことになる。 売れてから安打に含めたい。

 ロス・トーマスの 『女刑事の死』、キャロル・クレモーの 『アリアドネの糸』 が売れる。
 2打数1安打。70試合を終えて、217打数44安打。打率 2割0分2厘7毛。


2019年3月14日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第69試合


  1. 図書カード

 今を去ることウン十年前、中学校にあがる前に天に召されたという毎日さんの弟の話に泣かされる。
 1打数0安打。打率 2割。


2019年3月13日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第68試合


  1. 詩集
  2. 絵本で詩がついてるの
  3. 工藤直子さんの
  4. マイナンバーのことが書いてる最新の本
  5. 「鉄道ジャーナル」 の529号
  6. 「リンゴの唄」 の本
  7. 釧路叢書の 『写真絵葉書で見る遠い日のくしろ』
  8. 『家畜人ヤプー』
  9. マイケル・ケンナの写真集
  10. 『お菓子の街をつくった男』
  11. 林 あまり

 工藤直子の 『のはらうた III』、角川文庫の 『家畜人ヤプー』 が売れる。
 上條さなえ 『お菓子の街をつくった男 帯広・六花亭物語』、林 あまりの歌集 『ナナコの匂い』 も売れる。 後の2冊は北大通店のサイト登録品で、常連さんが予め在庫を確認した上でのお尋ねだった。
 11打数4安打。打率 2割0分0厘9毛。


2019年3月12日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第67試合


  1. クイーンのレコード
  2. 広瀬竜一 『釧路野』

 少しだけ雪が積もる。 べちゃべちゃしてすぐに溶けそうな雪。
 フラカンさんが 店前に雪だるまを作った

 本店の雪かき、休業中だから尚のこと念入りに行う。
 2打数0安打。打率 1割9分2厘1毛。


2019年3月11日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第66試合


  1. 『漁業生物図鑑 北のさかなたち』
  2. 『漁業生物図鑑 新 北のさかなたち』
  3. 内田康夫
  4. 江南高校の20年史、30年史
  5. 養老牛の絵葉書や資料
  6. 労働者の契約
  7. 釣りの本
  8. 明日会社辞めますみたいな題名の本
  9. 北川恵美の他の本

 常連さんと相米慎二の話。 早逝したこの映画監督は釧路江南高校の卒業生なのである。

 夕方、予報どおりに雪になる。 まとまった雪が降るのは随分ひさしぶりのような気がする。
 9打数0安打。打率 1割9分4厘0毛。


2019年3月10日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第65試合


 書家さんに札幌土産をいただく。 釧路未公開の 『スパイダーマン:スパイダーバース』 のかっちょいいクリアファイル。 ありがとうございます。 もったいないから保存用にしよう。
 0打数0安打。打率 2割0分3厘1毛。


2019年3月9日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第64試合


  1. パソコンの用語辞典
  2. 『言志四録』
  3. この前電話で言ってた江南高校の50年史

 send「BOOKSPOT」 が最終日を迎える。

 水曜日に電話で訊かれた3がおとりおきになる。
 夜は出張買入へ。
 3打数1安打。打率 2割0分3厘1毛。


2019年3月8日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第63試合


  1. 書道関係の新しいの
  2. 鉄道関係の資料や切符とか
  3. コピー

 かつての常連ASKさんが数年ぶりにおみえになり、こちらも久々にくしろ寸劇みたい会のゲリラ公演を行う。 出し物は 『孤狼の血』。 「古本屋じゃけ、なな、何をしてもええんじゃ〜〜ッ!?」
 やるたびにどんどん大袈裟になっていく。
 3打数0安打。打率 2割0分1厘0毛。


2019年3月7日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第62試合


  1. プラモデルに関する本
  2. ゴーゴリ

 釧路市の人口が17万人を割る

 釧路市立博物館企画展・私の博物館 「写真展・あの頃の釧路」ミニ企画展 「尺別駅と直別駅」 を見る。 後者の展示には、当欄でおなじみの札幌在住・岩村誠二さん (通称・模倣犯) 提供の 「札幌鉄道局 線路一覧略図」 も飾られていた。
 グッズ売り場にアイヌ民族ものが増えていて、ムックリを買い求める。

 その後、「BOOKSPOT」 開催中の send にまわって、茶道本を追加。 こちらでは万古焼の急須を求める。

 正午すぎに北大通店を開ける。 岩村誠二さんから 簡易軌道の小型印 が押された葉書が届いていた。 いつもありがとうございます。

 岩波文庫のゴーゴリ 『検察官』 が売れる。
 2打数1安打。打率 2割0分4厘3毛。


2019年3月6日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第61試合


  1. 庄野潤三
  2. 子どもが読める茶道の本
  3. 学校の同窓会名簿

 北海道新聞の朝刊に、昨日の 「公立高入試 問題と解答」 が載っていて、 いつもなら読み飛ばすところなのだけれど、 たまたま目に入った古文の問題が茶人の逸話をひいた司馬江漢の随筆 『春波楼筆記』 の一節だった。 すっかり茶道の語に反応する体になってしまったらしい。 真剣に解いてしまったぞな、もし。

 庄野潤三 『貝がらと海の音』 が売れる。
 3打数1安打。打率 2割0分1厘0毛。


2019年3月5日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第60試合


  1. 児童文学
  2. 新刊 (芥川賞、直木賞)
  3. 小島信夫 『抱擁家族』
  4. 「つぐみのいる家」?
  5. おすすめの本 (夢中になれる本)
  6. ベンヤミン 『パサージュ論』
  7. グランヴィル

 札幌から同業の客人来たる。

 夕方、公立高校の一般入試を終えてすぐの常連さんがおみえになり、「おすすめの本はありますか」
 去年も1度訊かれていたのだが、受験で忙しくなりそのままになっていた。 澤木 喬の 『いざ言問はむ都鳥』 を選ぶ。 この年代の人に今ある在庫の中から見繕うのが殊の外むずかしい。 お気に召してもらえるだろうか。

 『抱擁家族』 は休業中の本店に在庫あり。 お客さん、翌日再来店されるというのでこちらに移すことにする。
 7打数2安打。60試合を終えて、181打数36安打。打率 1割9分8厘8毛。


2019年3月4日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第59試合


  1. 住宅地図
  2. 『東北海道年鑑』

 send「BOOKSPOT」 が初日を迎える。
 2打数0安打。打率 1割9分5厘4毛。


2019年3月3日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第58試合


  1. 石炭に関する本

 昼に、釧路市立博物館の 『「ヤマの話を聞く会」 記録集』 が売れたところで店を閉めて、鳥取大通8の send へ向かう。

 午後2時より 「茶話会 Tea Session」 がはじまる。 1ヶ月前は高比良くんと30分くらい保つといいねと話し合っていたのだが、 それは我々の見通しの甘さを物語ろう。 当日蓋を開ければあっという間に3時間近くたっていて、外は夕暮れ。 反省しておののくことしきりじゃった。
 1打数1安打。打率 1割9分7厘6毛。


2019年3月2日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第57試合


  1. 映画 『グリース』 のパンフレット
  2. 原田マハの文庫本
  3. 中野京子
  4. 『怒りの葡萄』
  5. スティーヴン・キング
  6. 袋

 今期は釧路だけではなく 全道的に飛びぬけて降雪が少ない ようだ。
 歩いて出勤する。 街中がうっすらともやっていると思ったら、 PM2.5 (微小粒子状物質) のせい だった。

 マグネット先生から 羊毛フェルトの新作 をちょうだいする。 誰かに似ている。 他人のような気がしない。

 新潮文庫のキング 『幸運の25セント硬貨』 が売れる。
 6打数1安打。打率 1割9分2厘9毛。


2019年3月1日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第56試合


  1. 「釧路春秋」 の去年の号
  2. 司馬遼太郎さんの本
  3. 『帝都物語』 の13巻
  4. マンガの本
  5. 国書刊行会の満州の本?
  6. 映画の額に入ったポスター

 send「BOOKSPOT」 が近づく。 高比良くんに販売用の茶道とその周辺の本をダンボール4箱分引き渡す。

 一昨日訊かれて用意していたジミヘン特集の 「レコード・コレクターズ」 が売れる。 92年4月号。
 6打数1安打 (内1安打 2/27分)。打率 1割9分3厘9毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2019年2月28日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第55試合


  1. アリストテレス 『形而上学』
  2. トルストイ 『戦争と平和』
  3. 『ワイルド・スワン』

 Yahoo!ブログ サービス終了のお知らせ が飛びこむ。 その昔、儂がせっせと更新しておった 火の見櫓研究会のブログ もお陀仏ですかのう。

 今年はじめて画伯がおみえになる。 冬の間は移動手段の自転車を封じられるため中々里に下りてこない画伯であるが (自称 「釧路の原始人」)、 今年は記録的に雪が少ないため早くも自転車を乗り回しているらしい。
 3ヶ月ぶりくらいにお会いしたがまったくパワーが衰えていなかった。 私よりふた回り以上も年長の方である。 どうしてそんなに元気なのか。

 講談社文庫の 『ワイルド・スワン』 が売れる。
 3打数1安打。打率 1割9分4厘9毛。


2019年2月27日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第54試合


  1. アイヌのこれくらいの大きさの民話が載ってる本
  2. 釧路から標茶への昔の地図
  3. 「レコード・コレクターズ」 のジミヘン特集
  4. 「高野切 第一種」
  5. 麻雀の基礎の本
  6. 鳥の本

 最近になってこれまで仕舞いこんでいたたくさんの絵葉書を店頭に出した。 1970、80年代に大量に発行されていた観光地のものが大半である。

 常連のシモーヌさんが、その絵葉書をせっせとまとめ買いしてくださる。 聞けば、集めて眺めるのではなく、どんどん友人知人に切手を貼って送っているとのこと。 筆まめな方だとわかった。

 施設に入った年配の知り合いに電話をかけても相手の耳が遠くて会話が覚束ない。 そんなときこそ絵葉書の出番なのだとその効用を説くシモーヌさんだった。

 外国人旅行者に丹頂鶴の本が売れる。
 6打数1安打。打率 1割9分2厘3毛。


2019年2月26日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第53試合


  1. 橋本 治
  2. 池田満寿夫
  3. 関川夏央

 西崎 憲 『全ロック史』 (人文書院) が刊行される。 西崎さんのこのツィート の後段、「著作って分をわきまえて書くものなのかな。思想と妄想はどう違うのだろう」 のくだりにいたく感銘を受ける。 昨秋のラルゴライブで 円盤 の田口さんに教えてもらった 『日本ロック史』 と同じ匂いを嗅ぎとる。 豊浦史朗 (船戸与一) が名づけた、正史に対する異議申し立てとしての 「叛史」 の匂い。

 中公文庫の池田満寿夫が売れる。
 3打数1安打。打率 1割9分3厘3毛。


2019年2月25日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第52試合


  1. 炭鉱関係の本
  2. 書道の字典
  3. 石川啄木
  4. 村山 昇 『「ピカソ」 のキャリア 「ゆでガエル」 のキャリア』
  5. 世界地図
  6. 樹木希林さんの

 『ボヘミアン・ラプソディ』 のオスカー4部門受賞を祝して、 クイーンファンの常連さんが両手でハイタッチを求めてくる。 候補に決まった1ヶ月前は片手によるハイタッチだった。
 常連さん、すでに同作を7回もご覧になっていた (もちろん映画館で)。

 フレーム切手の発売 とか 小型日付印 (ご当地消印) の押印 とか、北海道の簡易軌道ものの新作あれこれが本日より始まりました。
 6打数0安打。打率 1割9分0厘4毛。


2019年2月24日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第51試合


 夕方、台湾のメディア関係者のご一行様来たり。 乱雑とした店内を物珍しそうに見てまわると、次いで夕日を写しに幣舞橋へと移動していかれた。

 ふふふ、当地は 世界三大夕日 のひとつを任じているのだ。 言った者勝ちであることは否定しないが、それでもちょっと自慢したくなる夕日の美しさだと思う。
 0打数0安打。打率 1割9分8厘5毛。


2019年2月23日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第50試合


  1. 雑誌 「珈琲時間」
  2. 『椿説弓張月』
  3. カフェやバーの隠れ家的な渋めの写真が載った本
  4. 田辺聖子 『田辺写真館が見た “昭和”』
  5. 色川武大
  6. 山口 瞳
  7. 倉本 聰 『ニングル』

 岩波 「日本古典文學大系」 の 『椿説弓張月』 上下巻、 新潮文庫の山口 瞳 「男性自身シリーズ」 が2冊売れる。
 7打数2安打。50試合を終えて、141打数28安打。打率 1割9分8厘5毛。


2019年2月22日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第49試合


  1. 本店の鉄道の本3冊
  2. 地学関係
  3. 書道関係

 「久しぶりに釧路に来たらこのへんの本屋みんななくなっちゃったね、どうしてなんだろう」 と憂えるように尋ねてきた方、「本を買わない人が増えたからじゃないですかね」 と答えたら 「そうかァ」 と深く納得した声で手ぶらでお帰りになる。 ぎゃん。

 ホームページで本店の鉄道本をご覧になった方から、おとりおき依頼の電話が入る。 本店は休業中なので意中の本をこちらに移すことに決まる。

 夜は末広でパフェ会。
 3打数1安打。打率 1割9分4厘0毛。


2019年2月21日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第48試合


  1. 絵はがき
  2. マンガ (『金色のガッシュ!!』)
  3. 建築の本
  4. 梅原 猛
  5. 高橋良典
  6. 『古事記の宇宙』
  7. アッシリアに関する本
  8. ツタンカーメンとかその辺の部類の
  9. 立花隆の臨死体験か脳死体験
  10. ジョージ・ハリソンの妻のパティ・ボイドの自伝
  11. 浮世絵 (国芳)
  12. 小山 清

 日猶同祖論を熱心に説いていく方あり。 網走のモヨロ貝塚はヘブライ人が作ったそうだ。
 先日亡くなった梅原 猛の日本古代史に関する仕事については 「あの人は惜しいとこまでいってた。あともうちょっとだった」 という評価である。

 観光絵はがきがあれこれ売れる。
 12打数1安打。打率 1割9分0厘8毛。


2019年2月20日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第47試合


  1. 辻村深月 『ツナグ』
  2. 伊福部 昭の本

 長年通ってくれた料理人氏が釧路を離れることになった。 寝耳に水。 すでに家は引き払い数日中に新天地に向かうという。 その人らしい明るくさばさばとしたお別れの挨拶だった。
 2打数0安打。打率 2割0分1厘6毛。


2019年2月19日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第46試合


 今まで寝かせていた 道外の観光絵はがき に値段をつける。 人それぞれに好みがあると思うのだが、 私の場合はバスの写真が入っていると 「当たり」 を引いた気がする
 0打数0安打。打率 2割0分5厘1毛。


2019年2月18日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第45試合


 石炭列車の休止が決まる。 篤志の方が、face book に 石炭列車運行予定情報 のページを設けた。

 「BOOKSPOT」 に出品する茶道本の布陣が固まる。

 前夜、本店から持ってきた石川文康 『カント入門』 (ちくま新書) が無事もらわれていく。 1安打。
 0打数1安打 (2/17分)。打率 2割0分5厘1毛。


2019年2月17日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第44試合


  1. 鉄道の本
  2. 古い時刻表
  3. 他にも鉄道もの
  4. カントの伝記
  5. 西村寿行
  6. 英語の本

 ビルの上階でまた雨漏りしていた。 当店が誇る精鋭たち (プラスティックの大型衣装ケースやバケツ類) のおかげで大惨事にならずに済んだ。 ここ数日暖かい日がつづき屋上の雪が融けているらしい。

 昼前、官能小説の文庫本を何冊も万引きされて怒り心頭。 盗んだ若い人物の顔ははっきりと覚えている。
 ここにはおよそ書けないような悪態をついていたら、 send の高比良くんがご来店に。 お茶を淹れたり 淹れられたりしている内に、気が静まる。

 原 将人 『北海道ローカル列車の旅』 が売れる。
 前日に訊かれたアイヌ文様本が売れる。

 カントに関する適当な本がなく、本店の在庫をこちらに持ってくることになる。 お客さんには翌日また来てもらう。
 6打数2安打 (内1安打 2/16分)。打率 1割9分6厘5毛。


2019年2月16日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第43試合


  1. アイヌの文様
  2. ヘミングウェイの釣りの本の上巻
  3. 須賀敦子の翻訳書
  4. 藤 圭子のCD
  5. 絵本

 「私のこと、覚えていますか」 と中国から来たお客さんが日本語で。 去年の3月、黒澤 明や陳 凱歌の話をした方だった。 覚えておりますとも。

 アイヌ文様の問い合わせを受ける。 休業中の本店在庫をこちらに持ってくることになる。
 5打数0安打。打率 1割8分9厘1毛。


2019年2月15日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第42試合


  1. 古い電話帳
  2. 山下達郎のレコード
  3. 楽譜
  4. 『東北海道の植物』

 今年はじめて水軍のお頭がお出でになる。 『ファントム・スレッド』 を見るように仰せつかる。

 『ツェルニー 左手のための24の練習曲』 の楽譜が売れる。
 4打数1安打。打率 1割9分8厘1毛。

 閉店後、 丸参みんなのお店 北大通り支店へ。 鈴木亜紀 さんと 鈴木 裕 さんの 「スズキ×スズキ」 コンビによる 「真冬の北海道探検ツアー」。 スペイン語の曲、CD化しないのかな (もうされている?)。


2019年2月14日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第41試合


  1. 戦前の絵葉書

 出張買入。 量は少ないが郷土誌のおもしろいところを仕入れることができた。 午前10時半より店を開ける。
 1打数0安打。打率 1割9分6厘0毛。


2019年2月13日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第40試合


  1. 釧路厳島神社の歴史がわかる本

 社長との交換日記がはじまる。
 1打数0安打。40試合を終えて、101打数20安打。打率 1割9分8厘0毛。


2019年2月12日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第39試合


  1. カセットでもいいので三浦洸一の 『釧路の駅でさようなら』
  2. 十字軍の本
  3. 手芸の本
  4. 「映画ストーリー」 とかの雑誌
  5. 仁木悦子
  6. 日清戦争の本
  7. 少し軽めの推理小説みたいなの
  8. 城山さんの本

 2階の喫茶ラルゴで 「マシオン恵美香  版画作品展 One Love」 がはじまる (3/10まで)。

 さっぽろ雪まつりの限定風景印 付きはがきが届く。 札幌の岩村誠二さんより。

 『粘土の犬』 の初刊本など仁木悦子が2冊売れる。 7は東野圭吾の文庫本でクリアする。
 8打数2安打。打率 2割。

 北海道新聞夕刊で佐川光晴の連載小説がはじまった。 幕末の長崎を舞台にした 『満天の星』。 オランダ商館員の父親と日本人の遊女の間に生まれた少女が主人公である。


2019年2月11日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第38試合


  1. 宮城谷昌光 『太公望』 の中巻

 白金町の本店は本日よりしばらくの間、休業いたします。
 休業期間中は在庫確認のお返事が遅れる場合も出てきますが、注文はこれまでどおり受け付けています。 お気軽にお問い合わせください。

 建国記念日。 昼前に勇ましい街宣車が北大通を通り過ぎていく。 北方領土をめぐる正反対の現状に思いを致す。

 釧路芸術館 で 「羊毛フェルトでつくる白くま・パンダブローチ」 講座を受けたマグネット先生に できたてほやほやの新作 を見せてもらう。
 1打数0安打。打率 1割9分5厘6毛。


2019年2月10日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第37試合


  1. SPレコード
  2. イラストブック
  3. フォークシンガーのシングルレコード
  4. カセットテープ
  5. ギリシア神話の本

 今年も園芸大臣の手で2階の喫茶ラルゴに お雛様 が飾られる。

 矢川澄子・文/宇野亜喜良・絵 『おみまい』 (ビリケン出版) が売れて2をクリア。 海外の旅行者に喜んでもらえた。

 他に、ジャズのカセットテープ、 フェリックス・ギラン 『ギリシア神話』 (青土社) が売れる。
 5打数3安打。打率 1割9分7厘8毛。


2019年2月9日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第36試合


  1. 小川房人 『個体群の構造と機能』 (朝倉書店)
  2. 藤田なんとかの
  3. 棚に張り紙があった 「中国古典文学大系」
  4. 萩原朔太郎
  5. 佐々木栄松
  6. 毛綱毅曠
  7. 中学生の教科書
  8. この本の1巻
  9. この本の下巻

 北海道新聞夕刊連載の桜木紫乃 『緋の河』 が約1年かけて完結した。 釧路出身のカルーセル麻紀がモデルの作。 彼女の幼少期からの人生をたどりどこまで描くのかと思えば、なるほどそこで終わりましたか。 まだまだ続けられそうだと思っていたら、後日 第2部を執筆中 と知った。

 『月刊 ポエム  1977年7月号 (第2巻第7号) 特集 萩原朔太郎』、 毛綱毅曠の 『風水伝奇 ガイア・インターネット』 が売れる。
 9打数2安打。打率 1割7分4厘4毛。


2019年2月8日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第35試合


  1. 自閉症関係の本
  2. 二玄社 「日本名跡叢刊」 の藤原行成 『白氏詩巻』
  3. 二玄社 「中国法書ガイド」 の顔真卿 『祭姪文稿』

 最低気温がマイナス20度を超えるかという、この冬いちばんの寒波が到来。 久々に水道管が凍らないように予防処置をして帰る。
 3打数0安打。打率 1割6分8厘8毛。


2019年2月7日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第34試合


  1. 絵本
  2. ルース・レンデル

 北方領土の日。

 角川文庫のレンデルが2冊売れる。
 2打数1安打。打率 1割7分5厘6毛。


2019年2月6日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第33試合


  1. 木彫りの熊の本で 『木霊の再生 柴崎熊の魅力を探る』
  2. 柴崎重行 『柴崎重行の心』
  3. 明日の奥村さんのヴァイオリン・リサイタルの前売券
  4. Chinese Book

 まったく面識がなく店に行ったこともない首都圏の古書店の閉店間近なことを知り、ひどくうろたえる。

 春湖台の方から 簡易軌道の新たな風景印 の知らせが届く。

 翌日の奥村智洋さんのコンサートの前売券を訊かれるも、その数時間前に主催の方が引上げてしまっていた。
 それはそうと先週同じ券の在庫を訊かれて1枚売れていたのを失念していた。 1安打追加。
 4打数1安打 (内1安打 2/2分)。打率 1割6分6厘6毛。


2019年2月5日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第32試合


  1. 雑誌 「私の部屋」

 マーガレット・ミラーの誕生日。
 1打数0安打。打率 1割6分1厘7毛。


2019年2月4日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第31試合


  1. 占星術の本

 本店の雪かきに向かう道すがら轍にハンドルを取られ右に左に車体が大きくふらつく。 おだぶつになる寸前じゃった。

 夜に来た方、本州の国体関係者の方だった。 大会は終わったのに悪天候で飛行機が欠航し足止めを食ってしまったとか。
 1打数0安打。打率 1割6分4厘1毛。


2019年2月3日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第30試合


  1. ドストエフスキー 『罪と罰』

 冬季国体 が終わる。 冬まつり が終わる。
 1打数0安打。30試合を終えて、66打数11安打。打率 1割6分6厘6毛。


2019年2月2日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第29試合


  1. この前買っていった東海林さんって人の本
  2. 般若心経のCD
  3. 『赤毛のアン』
  4. クレインズの署名用紙

 「アマゾン書籍買い切り方式へ 年内に試行、値下げ販売も検討」

 くしろ冬まつり 開幕。 夜6時すぎ、港の方で冬の花火があがる。 おもてに出て様子をうかがう。 このへんはビルが建てこんでいて従来ならば 「音はすれども姿は見えず」 であったが、 向かいの旧北海道銀行ビルがなくなったおかげだろう、 9丁目の釧路信用組合の壁面いっぱいの漆黒のガラス窓に 形は歪みながらも大輪の花が滲むように映っていることにようやく気づいた。

 文春文庫の東海林さだおが1冊、講談社の村岡花子・訳 「赤毛のアン・シリーズ」 が8冊売れる。
 4打数2安打。打率 1割6分9厘2毛。


2019年2月1日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第28試合


  1. 神谷美恵子 『生きがいについて』
  2. 原書房の 「コージーブックス」
  3. アイヌ民族のCD
  4. 山崎朋子 『サンダカン八番娼館』

 夜、2階のラルゴで今年はじめてのライブが開かれる。 「野澤享司 with  永原 元  EARTH BEAT 明日への航海 レコ発 LIVE」 釧路公演。 冬の寒い晩にぴったりの温かな歌と演奏だった。
 打上げの席で野澤さんが披露してくれたクロースアップ・マジックに食いつく。 あと忍術話も。

 4打数0安打。打率 1割4分7厘5毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。

 「東京オリンピックを前にして、規制と管理が社会の隅々にまで及んでいくように思われる」 の一文に首肯する。 そしてオリンピックが終わりいったい何が残るのか。 桁外れの負債でないことを祈ろう。


2019年1月31日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第27試合


  1. 白川 静

 数日前に届いた 劇団どくんご のメールマガジンで 今期公演の題名 を知る。 この新作を糧にして今年を乗り切りたい。

 午後、近場にダンボール1箱分を納品する。

 中公新書の 『漢字百話』 が売れる。
 1打数1安打。打率 1割5分7厘8毛。


2019年1月30日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第26試合


  1. 北海道のスケートの本

 釧路冬季国体 が開幕する。

 前日すったもんだあった FMくしろ喫茶部長の選曲コーナー 最終回のことをすっかり忘れていた。 その時間は車で通勤していたのだが、車内で聴いていたのはラジオでなく 『ボヘミアン・ラプソディ』 のサントラ盤だった。 そしてその姿を同じく車で通勤中の喫茶部長に目撃されていた (川島の奴、ラジオを聴いているなと思われていた)。

 夕方、本店に届け物あり。 北大通店を30分ほど閉める。
 1打数0安打。打率 1割4分2厘8毛。


2019年1月29日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第25試合


  1. 『北海道で育てる山野草 本州種・洋種編』
  2. プロテニスプレイヤーだった伊達公子さんの本

 本店の雪かきを終えて9時半すぎこちらに戻る。 FMくしろ喫茶部長の選曲コーナー に間に合った。

 「ほほォ〜、最終回はこんな感じか、洋楽オンリーか」 などと感心して、 後で本人に 「朝の聴いたよ、選曲お疲れさま」 と伝えたら、 「俺のは明日だよ」 と言われて絶句する。 1日早かったみたい。

 「スタッフより・店主の選曲/今週のランチ 」
 スタッフSさんに頼まれて、上記リンク先でラジオでかからないのに私も曲を選んでみた。 FM雑誌を手引きにエアチェックしてカセットテープを作っていた 高校生のころの記憶が蘇りけっこう熱中してしまった。

 電話で訊かれた1、本店に在庫あり。 お客さんは地元の方らしい。 後で本店まで足を運んでお求めくださった。
 2打数1安打。打率 1割4分5厘4毛。


2019年1月28日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第24試合


  1. 戦記もの

 朝のNHKラジオ第1の番組 「すっぴん!」 に 去年2階の喫茶ラルゴでライブをしてくださった タブレット純 さんがご出演。 社長がファンなので電話で知らせる。
 ちなみに社長は 「タブレット不純」 を自称している。

 店で販売している 円盤 の 「ミツザワ通信 鬼天冬号」 を自分用に購入。 付録のオムニバスCD-R (枕元レコードじゃない方) の収録曲に好みのものが多くとても気に入りました。
 1打数0安打。打率 1割3分2厘0毛。


2019年1月27日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第23試合


  1. 「食べる通信」
  2. 川島さんの印象に残ったお茶の本
  3. MJQのレコード
  4. 三田村鳶魚

 外国人の旅行者に訊かれて、はじめて 「食べる通信」 という雑誌のことを知る。 「食のつくり手を特集した情報誌と、彼らが収穫した食べものがセットで定期的に届く “食べもの付き情報誌”」 なのだそう。

 『大衆文芸評判記』 が売れる
 4打数1安打。打率 1割3分4厘6毛。


2019年1月26日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第22試合


  1. レコードの針
  2. 植物の本
  3. 今年の高島開運の本
  4. 林 真理子
  5. 映画の 『ゴースト』 の歌のレコード
  6. 時代小説

 SL 冬の湿原号 の運行がはじまる。

 『野外図鑑 知床の樹木』 が売れる。
 6打数1安打。打率 1割2分5厘。


2019年1月25日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第21試合


  1. 「月刊 だべっさー」
  2. 檀蜜さんの写真集

 「スタッフより・「ミツザワ通信」、取り扱い始めました!」 (2階の喫茶ラルゴの新着情報より)

 リンク先にもあるとおり、1階古書部でも 「ミツザワ通信」 をお取り扱いしています。

 予告編を見るかぎり、おさかな天国みたいですこぶる愉しそうな新作映画 『アクアマン』
 今のところ地元シネコンの上映予定作品からは漏れているが、 古くからの水産都市で知られる釧路なのだから、きっとかけてくれるに違いない。

 昨秋の巨大鮫映画 『MEG ザ・モンスター』 だって他所より1ヶ月遅れで公開された。 我々は焦らされているのだ。
 和商市場 やイオンのすぐそばに出来た 釧之助の水族館 だって味方してくれるはず (余計なお世話)。 ビバ!おさかな!!

 夜はパフェ会。 3月上旬に行う催しの骨格が決まる。
 2打数0安打。打率 1割1分9厘0毛。


2019年1月24日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第20試合


  1. 昔の絵葉書 (戦後すぐの釧路など)
  2. 霧多布の写真集
  3. 「さっぽろ文庫」
  4. この前来たときあったキリシタン大名の本
  5. 海藻の本
  6. 経済史の本

 このところの北大通店、珍しく流行りの文庫本を売りにみえる方が増えてきた。 釧路駅内のブックス二分の一 JR店が近々閉店するためと思われる。

 札幌から帰省中のO君とクイーンファンさん、旧知の間柄だった。
 6打数0安打。20試合を終えて、40打数5安打。打率 1割2分5厘。


2019年1月23日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第19試合


  1. 昔のカラオケの歌本
  2. 吉本ばなな
  3. 外国語の参考書
  4. 野口五郎のレコード

 クイーンファンの常連さんがやってくるなりハイタッチを求めてくる。 映画 『ボヘミアン・ラプソディ』 の日本での興行収入100億円突破と アカデミー賞5部門候補にあがったことを祝してだった。 目出度いことである。

 2、4が売れる。
 4打数2安打。打率 1割4分7厘0毛。


2019年1月22日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第18試合


  1. 宮澤賢治 『銀河鉄道の夜』
  2. 台湾の故宮博物院の本

 外国のお客さんに賢治の在庫を訊かれる。 『銀河鉄道の夜』 がない代わりに 『セロ弾きのゴーシュ』 と 『風の又三郎』 の文庫本があった。 2冊ともお求めいただけたので安打にしたい。 俺が法律だ!
 2打数1安打。打率 1割。


2019年1月21日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第17試合


  1. 『三島由紀夫短篇全集』

 今年のお年玉付き年賀はがきは全滅だった。

 電話でお問い合わせの1がおとりおきになる。
 1打数1安打。打率 0割7分1厘4毛。


2019年1月20日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第16試合


  1. 永田秀郎 『釧路 街並み今・昔』
  2. 上田 博 『石川啄木歌集全歌鑑賞』
  3. 和綴じ本

 「ヨーカドー釧路店 「閉店寂しい」 惜しむ客 店内は終始混雑」

 まるで天啓にうたれたように突如として羊毛フェルトのマスコット作りに目覚めたマグネット先生。 待望の新作がついに完成した

 青い前掛けのおじさんは北大通店の私、 緑のセーターのおじさんは本店の社長がそれぞれモデルだとマグネット先生はおっしゃるのだが、 そこはかとなくマッド・サイエンティストの師弟臭が漂う。

 青い方が両手をあげてバンザイしているのは勝利の雄たけびなのか、はたまた降参のお手上げを意味しているのか。 もしかしたらフィラデルフィア美術館の正面階段を駆け上がったときの ロッキーの似姿 なのかもしれない。

 『クリード 炎の宿敵』 を見終えたばかりでロッキー脳の私としては、 対アポロ戦の一場面も当てはめてみたい。
 3打数0安打。打率 0割3分7厘0毛。


2019年1月19日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第15試合


  1. マンガで 『コスモス楽園記』
  2. 芥川龍之介 『羅生門』

 読書するクマ (フラカンさん・画。2階の喫茶ラルゴの看板より)。
 2打数0安打。打率 0割4分1厘6毛。


2019年1月18日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第14試合


  1. 新規入荷に載っていた人名辞書の本

 「啄木しのび雪あかり/釧路」

 釧路駅前と北大通では まちなかキャンドルロード も。
 1打数0安打。打率 0割4分5厘4毛。


2019年1月17日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第13試合


  1. あさのあつこ
  2. 篠田桃紅
  3. 幼児向けの本
  4. 漢字検定の本

 毎年、 釧路市動物園 のカレンダーを差し入れしてくださる常連さん、今年も 新しいの を持ってきてくださった。 所定の位置に貼る。 オランウータンの りなちゃん、めんこい。
 4打数0安打。打率 0割4分7厘6毛。


2019年1月16日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第12試合


  1. 芸術館でやる小林東さんの3回忌のチラシ

 月曜、火曜と臨時休業。 釧路を離れて都会の風にあたっていた。

 毎日さんが今年はじめてご来店に。 50年前、梅原猛の 『地獄の思想』 に出会ったときの衝撃の話など。
 1打数0安打。打率 0割5分8厘8毛。


2019年1月13日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第11試合


  1. ビートルズのレコードで青ジャケット、赤ジャケット
  2. 井上陽水、吉田拓郎のレコード
  3. マンガ
  4. ジェラルド・カーシュ
  5. 星新一の3巻本のショートショート全集

 関東からアランジさんがご来店に。 2泊3日の旅のあいだ、釧路市内を中心に各所を精力的にご覧になるみたい。 JALの機内誌 「スカイワード 2019年1月号」 をいただく。
 5打数0安打。打率 0割6分2厘5毛。


2019年1月12日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第10試合


 最近、羊毛フェルトのマスコット作りに凝りはじめたマグネット先生が作りかけの2体を見せてくれた。 社長と私をモデルにしたものだった。 9割方完成しているというが、なかなか怪奇な味わいを宿しているではありませんか (せいぜい3、4割くらいの出来かと思ったことはここだけの秘密だ)。
 マグネット先生の了解を得次第、当欄でご紹介したい。

 あ、2階の 喫茶ラルゴが13周年 だそうです。
 0打数0安打。10試合を終えて、11打数1安打。打率 0割9分0厘9毛。


2019年1月11日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第9試合


 山陰の映画魔人こと007さんから 「2018年 映画音楽ベストアルバム」 と題したオリジナルCDをいただいた。 『ボヘミアン・ラプソディ』 や 『グレイテスト・ショーマン』 といった音楽映画を中心に全17曲入り。

 世間ではあまり盛り上がらなかったけれど、 前作よりもよほど中身が詰まっておもしろかった 『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』 からも2曲入っているのがうれしい。
 0打数0安打。打率 0割9分0厘9毛。


2019年1月10日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第8試合


 「えっ、盗まれないの? 無人の古本屋は、なぜ営業を続けられるのか」

 0打数0安打。打率 0割9分0厘9毛。


2019年1月9日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第7試合


  1. 篠田桃紅

 FMくしろ で毎週水曜日の朝9時半からやっている音楽コーナー、今月は 2階の喫茶部長が選んだ曲 をかけてくれるとのこと。 この日が第1回目だった。
 遠くにお住まいの方も インターネットラジオ でお聴きになれます。

 午後、近場に台車で2箱納品する。
 1打数0安打。打率 0割9分0厘9毛。


2019年1月8日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第6試合


  1. 白い無地の封筒

 封筒のお客さんに2軒となりの文房具店・佐藤紙店を教える。
 1打数0安打。打率 1割0分0厘0毛。


2019年1月7日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第5試合


  1. パソコンの解説書
  2. 東海林さだお

 今期の1安打目は、文春文庫の東海林さだお 『ショージ君のにっぽん拝見』。
 2打数1安打。打率 1割1分1厘1毛。


2019年1月6日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第4試合


  1. 田淵行男
  2. マンガ (『ドラゴン桜』)

 午後7時前に店を閉めて、 釧路市中央図書館 へ。 借りていたものを返し、新たに借りる。
 閉館時間が迫る中、 釧路文学館企画展示 「市民文芸誌 『釧路春秋』 50年の軌跡」 をあわてて見せてもらう。
 2打数0安打。打率 0割0分0厘0毛。


2019年1月5日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第3試合


  1. 歴史の本

 2階の喫茶ラルゴの営業がはじまる。
 1打数0安打。打率 0割0分0厘0毛。


2019年1月4日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第2試合


  1. 賃貸の契約書
  2. 神謡集のCD
  3. 『リクガメ大百科』

 年末年始を風邪で臥せっていたゴメさんが復活して一安心。
 3打数0安打。打率 0割0分0厘0毛。

 北大通店の めくりめくられ: 九州のボタ山猫道さんが送ってくださった 「週刊読書人」 のバックナンバーに目を通す。 「椹木野衣・樋口真嗣対談 特撮のDNAと現代美術」 など。


2019年1月3日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第1試合


  1. レーザーディスク (演歌)

 あけましておめでとうございます。 本年も豊文堂書店をどうぞよろしくお願いいたします。

 2018年最後に読み終えたのは サイモン・ブラウンド 編/有澤真庭・訳 『幻に終わった傑作映画たち 映画史を変えたかもしれない作品は、何故完成しなかったのか?』 (竹書房)、 2019年最初に読み終えたのはスティーヴン・キング 『不眠症 下巻』 (文藝春秋)。

 3日間店を閉めていたので店内が暖まらないことこの上ない。
 1打数0安打。打率 0割0分0厘0毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新されている。


2018年の夜に口笛を吹けば

2017年の夜に口笛を吹けば

2016年の夜に口笛を吹けば

2015年の夜に口笛を吹けば

2014年の夜に口笛を吹けば

2013年の夜に口笛を吹けば

2012年の夜に口笛を吹けば

2011年の夜に口笛を吹けば

2010年の夜に口笛を吹けば

2009年の夜に口笛を吹けば

2008年の夜に口笛を吹けば

2007年の夜に口笛を吹けば

2006年の夜に口笛を吹けば

2005年の夜に口笛を吹けば


ホームへ戻る